ビヨンセ(Beyonce) photo : Getty Images

セレブ界に君臨するクイーン、ビヨンセ。なんとバスケットボールチームに出資、スポーツ界への進出を考えていることが明らかに!

ビヨンセが株式取得を考えているのはNBAのチーム、ヒューストン・ロケッツ。金融情報サイト「ブルームバーグ」によるとロケッツのオーナー、レス・アレクサンダーは先月チームを売却する意思を発表。ヒューストン出身のビヨンセは、このチームへの出資を検討中しているという。

ちなみに現オーナーは1993年に8500万ドル(約94億円)でチームを購入。経済雑誌『フォーブス』はチームの現在の価値は16億5000万ドル(約1825億円)だと推定しているが、「ブルームバーグ」はチームが外国でも人気があることを考えると売却価格は20億ドル(約2212億円)以上になるだろうと報じている。

NBAファンの2人。今年2月にも一家で観戦へ。ジェイ・Z(Jay-Z)、ブルー・アイヴィ・カーター(Blue Ivy Carter)、ビヨンセ(Beyonce) photo : Getty Images

ちなみにジェイは過去にNBAのブルックリン・ネッツのオーナー権を所有していたことがある。しかしその後ジェイが設立したマネジメント会社「ロック・ネイション・スポーツ」でスポーツ選手のマネジメントも手がけることになり、オーナー権を手放すことに。NBAのチームオーナーである場合、NBA選手のマネジメントをすることは禁じられている。

そんなジェイの代わりにビヨンセが出資することは十分にありえそう。リッチな彼女がどれくらい出資するのかも気になるところ! 女王ビヨンセがチームオーナーとして采配を振るう日が来るのか、乞うご期待。

text : Yoko Nagasaka