パナソニックは、新開発の「360°回転ロティサリーグリル」でかたまり肉を炙り焼きできる「ロティサリーグリル&スモーク」(NB-RDX100)を11月上旬に発売します。実売予想価格は5万5000円前後。

本製品は、食材の外と中を加熱する遠近赤外線ダブル加熱、低速回転機構、最適な火加減にコントロールする温度制御の3つのテクノロジーを搭載。かたまり肉をじっくり丁寧に焼き上げることができます。

かたまり肉を入れた専用かごを受け皿に取り付け、本体庫内にセット。食材を360°回転させながら、上面の一方向からの遠近赤外線ダブル加熱で近火と遠火をくり返しながら炙り焼きします。ゆっくりと加熱することで肉のたんぱく質の凝集を抑えられるため、柔らかくジューシーに仕上がります。

 

さらに、肉を焼き上げるロティサリーグリルなどのグリル機能に加え、燻製、オーブン、トースターの機能も備えています。燻製は食材に合わせて、高温・低温の2段階で調整でき、燻製卵やスモークチーズなどの燻製料理を手軽に楽しめます。

 

オーブン機能では直径約25cmのピザが、トースター機能では一度に4枚までのトーストが焼けます。また、マイコン制御で、火力・温度・時間をきめ細かくコントロールする8つのオートメニュー(ロティ・ローストビーフ/ロティ・焼き豚/オーブン・ピザ/オーブン・グラタン/あたため・ロールパン/あたため・フライ/トースト/冷凍トースト)を搭載しています。

 

そのほか、触媒フィルターと触媒専用ヒーター、強制排気ファン搭載で、調理中の煙を軽減する減煙機構を搭載。庫内天井は、調理と同時に汚れを分解するセルフクリーニングコートで、汚れにくくなっています。また、庫内側面と奥面にはふき取りをしやすくするための塗装が施されており、手入れの手間も軽減されます。

ローストビーフや焼き豚など本格的な肉料理を楽しめる「ロティサリーグリル&スモーク」。肉料理以外にも燻製卵やスモークチーズを作ったり、ピザやトーストが焼けたり、とうもろこしなどの野菜まるごとグリルも楽しめます。1台4役の本機があれば、料理のレパートリーが広がりそうですね。

 

 

【SPEC】

サイズ/質量:W410×H283×D410弌震8.4kg(焼き網使用時)

電源:交流100 V 50-60 Hz

消費電力:オーブン約1350W、グリル約1350W、ロティ約990W、くんせい約840W