ステージを終え涙しながらあいさつする千眼美子(清水富美加)

写真拡大

 宗教法人「幸福の科学」に出家した女優の清水富美加(22)が2日、法名の「千眼美子」として、東京ドームで開かれた同教団の大川隆法総裁の特別講演会に出演した。

 2月の出家騒動以来、公の場に姿を見せるのは初。肩を出した衣装で登場すると、大きな歓声と拍手で迎えられた。自身が主演する映画「さらば青春、されど青春。」(来年初夏公開)の主題歌「眠れぬ夜を超えて」を歌唱。歌い終えると「本当にありがとうございます」と涙ながらにあいさつ。「これからは皆さまとともに一歩一歩進んで参りたいと思います」と話し、最後は笑顔で手を振った。

 前所属事務所での仕事が残っている最中に突然出家。各所に混乱を招いたが、そうした点については触れなかった。