先日公開されたHomePodのファームウェアから、連日HomePodやiPhone8、Apple Watchに関連する情報が発見されていますが、今度はiPhone8に「SmartCamera」という新機能が搭載されていることが判明しました。

新カメラ機能「SmartCamera」

デベロッパーのギルヘルム・ランボー氏によれば、「SmartCamera」は未来のiPhoneおよびiOS11が搭載する新機能で、iPhone8で導入されると見られる新たな顔認証ソフトウェアを利用したもののようです。
 
ランボー氏は新たなカメラアプリでは、場面、写真の撮影状況、撮影の対象物(ペットや子どもなど)を識別することが可能になるようだと報告しています。HomePodのファームウェアからは、花火、木の葉、ペット、明るいステージ、スポーツ、空、雪、日没/日の出など、さまざまな場面を指すコードが見つかっており、iPhoneのカメラがこれらの場面を識別し、最良の写真が撮影できるよう、露出やシャッター速度などを自動調整するのではないかと推測されています。
 

動く対象物を識別、最高の瞬間で撮影

このほか、「freezeMotion」という機能を示すコードもあり、ペットや赤ちゃんなど動きの早い撮影対象や、めまぐるしく変化する表情などを識別し、最高の瞬間を自動的にとらえて撮影する機能ではないかと考えられています。
 

 
HomePodのファームウェアから見つかったiPhone8関連の情報としては、ワイヤレス充電と急速充電への対応、指紋センサーが画面には埋め込まれないこと、「ホームインジケーター」と呼ばれる仮想ホームボタンの搭載、ディスプレイサイズと解像度などがこれまでに報告されています。
 
 
Source:MacRumors
Photo:Martin Hajek
(lunatic)