ビヨンセがNBAチームのオーナーに参加か

写真拡大

ビヨンセが、テキサスのNBAチーム、ヒューストン・ロケッツの株購入に興味を持っているようだ。

テキサス出身のビヨンセは、同チームのオーナーであるレスリー・アレクサンダーがチームを売却すると発表したことを受け、オーナーグループに加わる意向があると報じられている。

今回株式を購入し、オーナーシップの一部権利を得ることで利益が生じるのはビヨンセだけではないようで、ブルームバーグのスコット・ソシュニック氏は「オーナーシップグループにビヨンセのようなスターが加わることは関係者の資産となり、地元や世界中でのマーケティングの助けとなる」としている。

ビヨンセはフォーブス誌が毎年発表する最も稼いだセレブラインキングで今年1億500万ドル(約116億円)で2位にランクインしていることからも、今回の投資には何の問題もないとみられている。

また、ビヨンセの夫ジェイ・Zも数年間NBAチーム、ブルックリン・ネッツの株を少々持っていたことがあり、レコード会社ロック・ネイションを立ち上げるために株を手放した経歴を持つ。