とってもかわいらしいアメリカの短編アニメが、公開からたった2日間で500万回再生を突破した。

それが「In a Heartbeat」だ。

4分間の本編にセリフはないので、英語が分からなくても大丈夫だ。

男の子を好きになった男の子

物陰から気になる相手をこっそり見ていた男の子。

恋心を隠そうとする主人公とは裏腹に、彼の高まるハートは胸を飛び出し、大好きな相手に向かっていってしまう。

主人公にハッピーエンドは訪れるのか。

好きな人を眺めているだけで休み時間が終わっていた、あの頃の自分に会わせてくれるような作品だ。

2日間で540万回以上再生される

ショートフィルムは、7月31日にYouTube上で公開されると、2日間で540万回以上再生されているが、まだまだこの勢いは衰えそうにもない。コメントも8万件近く投稿されている。

残念なことに、LGBTに理解を示すつもりのないコメントも少なくはないが、「かわいい」、「もう1000回ぐらい見たし、私のハートが飛び出しそう」、「美しい」などの好意的なコメントも多く寄せられている。

ふたりの学生が制作

この作品を生んだのは、たったふたりの学生。Beth DavidさんとEsteban Bravoさんだ。

ふたりが資金集めのために立ち上げたKichstarterによると、ふたりは米フロリダ州にあるRingling College of Art + Designで、コンピューターアニメーションを学ぶ学生だという。

3000ドルを目標にしていたところ、1万4191ドルもの資金が集まった。

▼資金提供者に贈られたグッズの数々

4月には母校から賞が贈られたそうだ。

審査員からは「この作品に最初に賞を贈れて幸運です。きっと、これからいくつも受賞することになるでしょうからね」とのコメントが寄せられた。