女子は創部2年目の法政第二が3回戦進出 [南東北インターハイ]

写真拡大 (全5枚)

 第74回全国高等学校対抗テニス大会および第107回全国高等学校テニス選手権大会(南東北インターハイ・テニス競技/8月2〜4日団体戦、5〜8日個人戦/会津総合運動公園テニスコート、あいづドーム)の初日は、男女団体の1、2回戦が行われ、それぞれベスト16が出揃った。

◇   ◇   ◇

 地元・福島県からは、県大会1位通過の磐城桜が丘と2位通過の磐城が出場。2回戦から出場の磐城桜が丘は広陵(広島)に対してダブルスを先取するも、シングルス2本を落として逆転負け。地元での勝利は叶わなかった。

 インターハイ初出場の磐城は1回戦で米子東(鳥取)を3勝0敗で下してインターハイ初勝利を手にしたものの、続く京都外大西(京都)戦では完敗。山崎史絵主将は「目標にしていた全国での1勝を挙げることができた。地元のみんなが応援してくれて本当に楽しかった」と嬉し涙を流した。

(写真)1回戦勝利後の磐城メンバー

 インターハイ初出場校は磐城を含めて5校。新田(愛媛)は1回戦で静岡市立(静岡)に1勝2敗と競り負けるも善戦。2回戦から登場した札幌国際情報(北海道)は浦和学院(埼玉)に0勝3敗と1勝も挙げられずに大会から姿を消した。立命館守山(滋賀)は1回戦で青森西(青森)を3勝0敗で破ったが、続く2回戦の高松北(香川)にストレート負けを喫した。

(写真)立命館守山の遠藤芹菜

 初出場校で唯一16強入りを決めたのが創部2年目の法政第二(神奈川)。1回戦で盛岡第一(岩手)、2回戦では昨年準V校の沖縄尚学(沖縄)を退け、3回戦進出を決めた。川岸七菜主将は今日の勝利を喜びつつも「もっと上を目指して頑張りたい」とさらなる意欲を見せ、気を引き締めた。3回戦は前回ベスト8入りしたメンバーが4名も揃う四日市商業(三重)と対戦する。

(写真)2回戦終了後、関係者にあいさつをする法政第二メンバー

 上位シード4校は2回戦から登場。第1シードの相生学院(兵庫)は富山国際大付(富山)に苦戦しながらも2勝1敗で勝利。第2シードの柳川(福岡)も秀明八千代(千葉)にダブルスを奪われる展開から逆転勝ちを収めた。第3、4シードの湘南工大附(神奈川)、岡山学芸館(岡山)も揃って2回戦を突破している。 

(写真)相生学院のダブルス、中島美夢/久田真穂

 大会2日目となる8月3日は男女団体の3回戦、準々決勝が会津総合運動公園テニスコートで行われる。3回戦は8ゲームマッチで、準々決勝から3セットマッチとなる。試合開始は9時の予定。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※トップ写真は、法政第二(神奈川)の川岸七菜主将

高校テニス特集(南東北インターハイ)|テニスデイリー