弁護士が、死者を出した交通事故中のビーナス・ウイリアムズの携帯電話の調査を要求

写真拡大

 テニスのスター、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)との交通事故のあとに亡くなった78歳の男性の家族の弁護士が、ビーナスの携帯電話を調べることを要求した。

 パームビーチ・ポスト紙の報道によれば、事故の被害者のために働いている法律事務所、ステインガー イスコー&グリーンの弁護士たちは、6月9日の事故が起きた際にビーナスが何をしていたかを調べるため、法廷の専門家がビーナスの携帯電話を調査することを正式に要請した。妻の運転していた車に乗っていたジェローム・バーソンさんは、交通事故の2週間後に亡くなった。

 申し立ての書類には、信号や、周囲の交通に対するビーナスの反応について、「ここまで集めた証拠によれば、(ビーナスが)気を散らしていたか、不必要に反応が遅れていた可能性がある」(※つまり事故時に運転中のビーナスが携帯で電話していた可能性があると示唆している)と述べられていた。7月に、ビーナスと彼女の弁護士は、彼女の携帯電話の記録を見せるよう要求する申し立てに異議を唱えていた。(C)AP

※写真は7月のイベントに参加した際のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)。6月に起こした交通事故の調査は続いている。(写真◎Getty Images)
Photo: PHILADELPHIA, PA - JULY 24: Tennis player Venus Williams attends the 2017 Mylan World TeamTennis Washington Kastles vs Philadelphia Freedoms match at Michael J. Hagan Arena at St. Joseph's University on July 24, 2017 in Philadelphia, Pennsylvania (Photo by Gilbert Carrasquillo/Getty Images)