関東第一・小野貴裕監督【写真:平野貴也】

写真拡大

持ち味の攻撃力を発揮するも…3年連続で市立船橋に敗戦

 印象的な言葉だった。試合に負けたチームの監督がこう言った。

「試合に出ていた奴だけの悔しさには、したくない」

 37歳の若き指揮官は、選手と同じように、自分自身も試合に向かう気持ちや、選手に接する気持ちを整理して試合に臨んでいる。そして、試合が終わればチームの反省だけでなく、自分自身の反省もする。選手を非難する気持ちはない。

 だから、3年連続で同じ相手に負けた悔しさは、苦笑いで腹に押し込むことができた。ただ、チームを束ねる者として敗戦を振り返ると、その場にはいない選手を想う気持ちがこみ上げてきた。

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子サッカー準々決勝で関東第一(東京)は1-2で前回王者の市立船橋(千葉)に敗れた。

 10番を背負う攻撃の中心、MF篠原友哉(3年)は負傷明けで本調子ではなくベンチスタート。それでも前半にMF村井柊斗(3年)がクロスバー直撃の惜しいランニングボレーシュートを放つなど、持ち味である攻撃力は発揮していた。

持ち味の攻撃力を発揮するも…3年連続で市立船橋に敗戦

 印象的な言葉だった。試合に負けたチームの監督がこう言った。

「試合に出ていた奴だけの悔しさには、したくない」

 37歳の若き指揮官は、選手と同じように、自分自身も試合に向かう気持ちや、選手に接する気持ちを整理して試合に臨んでいる。そして、試合が終わればチームの反省だけでなく、自分自身の反省もする。選手を非難する気持ちはない。

 だから、3年連続で同じ相手に負けた悔しさは、苦笑いで腹に押し込むことができた。ただ、チームを束ねる者として敗戦を振り返ると、その場にはいない選手を想う気持ちがこみ上げてきた。

 全国高校総体(インターハイ)は2日、男子サッカー準々決勝で関東第一(東京)は1-2で前回王者の市立船橋(千葉)に敗れた。

 10番を背負う攻撃の中心、MF篠原友哉(3年)は負傷明けで本調子ではなくベンチスタート。それでも前半にMF村井柊斗(3年)がクロスバー直撃の惜しいランニングボレーシュートを放つなど、持ち味である攻撃力は発揮していた。

伝統と想いは引き継がれるからこそ…善戦だから悔しい

 この大会で王者を倒して勝ち上がり、「関東第一は強い」――そんな印象を与えることで、敗れた先輩たちもレベルの高いチームで切磋琢磨した選手として見てもらえるようにしたかった。

 高校サッカーは、同じ選手が3年しか在籍せず、次々に入れ替わって行く。しかし、伝統はチームの中にも外にも残り、指導スタッフは想いを引き継いでいく。勝つことが、チームに関わる全ての者の評価を高めることにつながるということを考えると、善戦だったからこそ、悔しい。

「試合に出ていた奴だけの悔しさには、したくない」

 若い指揮官がわずかに見せた涙には、いくつもの悔しさが込められていた。