女優の斉藤由貴

写真拡大

 女優の斉藤由貴(50)が2日、週刊誌のWEBサイトで報じられた不倫疑惑を否定した。

 所属事務所を通じて報道各社に送ったFAXで「この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません」としている。

文書の内容は以下の通り。

 報道関係者の皆さまへ

この度は、私事で大変お騒がせしており申し訳ございません。

報道にあった先生は、随分前から家族ぐるみで主治医としてお世話になっている方で不倫関係ではございません。

実は6年ほど前に大掛かりな減量をした際にも全ての指導と管理をしていただき、ここ最近たくさんお仕事をいただくようになってからは、肌ケアの美容注射や体力維持の点滴など、女優としてあまり他の患者さんには見られたくない治療やメンテナンスのために、個人事務所に往診をお願いしております。

現在の多忙な日々や女優生命を支えてくれているコーチ的な存在で、医師と患者であると同時に、トレーナーと選手のような間柄といえます。

現実として、家族みながかかりつけとしてお世話になっている先生なので、私が治療を受けている状況は理解してくれております。

それ以外の詳細につきましては、私から直接ご説明するタイミングを設けさせていただきたく思っておりますので、いま暫くお待ちいただき、家族や自宅周辺へのご取材などは何卒お控えくださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

斉藤由貴

 不倫疑惑報道は3日発売の「週刊文春」で報じられている。