犬が寂しいときにする行動とは?

犬の中には飼い主さんのことが大好き過ぎるあまり、分離不安になってしまう子がいるほど、犬は動物の中でも飼い主さんに構って欲しいという欲が強い動物です。そのため、寂しいときにはある行動をするのですが、皆さんは下記で紹介するような愛犬の行動を見たことがありますか?

犬が寂しいときにする行動〜安を舐める

まずは前足を舐めるという行為です。一見「お手入れをいているのかな」なんて思ってしまう人もいると思いますが、実は飼い主さんに構ってもらえず寂しいあまり、前足を舐めることで寂しさを紛らわせている行為なのです。

特に普段はたくさん構ってもらっているという子に多く、この行動をしている場合は分離不安症になってしまっている可能性もありますので注意が必要です。

また、そのままずっと前足を舐める行為を続けさせてしまうと、前足が皮膚炎になってしまう恐れもありますので、癖にならないように飼い主さんが気をつけてあげましょう。気になる方は病院で皮膚炎になっていないか診てもらいましょう。

犬が寂しいときにする行動伏せて上目遣いでこちらを見る

そして体を伏せて上目遣いで飼い主さんを見ている行為も寂しいときのサインです。この行為は飼い主さんから見ても、すぐに「寂しいのかな」とわかりやすい行為ではないでしょうか。

「構って欲しい」という気持ちと「邪魔したらダメかな」という気持ちが入り交じっており、結果伏せてじーっと飼い主さんの様子を伺っているのです。

眠いのではなく、寂しくてこの行動をしている場合、「どうしたの?」と声をかけるとすぐに反応する子が多いです。

犬が寂しいときにする行動イタズラをする

留守中に寂しいと感じ、イタズラをすることで気を紛らわせてしまうという子もいます。これは最初にご紹介した「前足を舐める行為」と同じように、分離不安症である可能性が高い行為です。

外出から帰ってくると、物が散乱していたり、物を壊してしまっていたり、挙げ句の果てにはゴミ箱の中の物をすべて出してしまっているということはありませんか?

こうすることで「飼い主さんがいないから寂しい」という感情から逃げることができるため、ダメだとわかっていてもイタズラしてしまうのです。

犬が寂しいときにする行動に覆┐襦μ弔

遠吠えをしたり、クンクンと可愛く鼻を鳴らすような鳴き声を出している行為も寂しいときの行動です。シチュエーションとしては、遠吠えは飼い主さんの留守中に行われている可能性があります。

やはりこの遠吠えという行為も飼い主さんがいないために寂しくなってしまい、そのストレスを解消することを目的に行われていることが多いです。

クンクン鳴いている場合には、何かして欲しいことがある時に行われます。例えば「暇だから構って欲しい」という要求や「おもちゃで遊んで欲しいな」というときにクンクン鳴くことがあるのです。

寂しがっている犬への対処法

では、紹介したような寂しいときにする行動を自分の愛犬がしていた場合、どのように対処することで寂しがりな犬から脱出することが出来るのでしょうか。今回は3つの対処法をご紹介します。

夢中になれるおもちゃを与える

まずは夢中になれるおもちゃを与えるということです。それぞれわんちゃんによって好きなおもちゃと興味を示さないおもちゃがありますので、事前にどういうおもちゃが好きかをリサーチする必要はあります。

例えば、ぬいぐるみタイプのおもちゃが好きな子には、犬用ぬいぐるみを与えてあげると振り回して遊んだり、中には音が鳴るぬいぐるみもありますので、音を鳴らすことに夢中になり、飼い主が構っていない間も寂しさを紛らわすことが出来ます。

ちなみに筆者の家のトイプードルはボールが好きなので、普段は小さなボールを投げて取りに行くという遊びを行っています。しかし、筆者が構ってあげられない時(在宅時)には、動くボールを与えることによって、愛犬は夢中になって遊んでいます。

ケージに入れる習慣をつける

犬は狭い自分だけのスペースを持つことで、その場所に入り落ち着くことができると言われています。留守中に紹介したような行動をする家の多くは、家の中で放し飼いにしているのではないでしょうか。

もしも放し飼いにしている場合には、少しずつケージの中にいる時間を増やす努力をしてみましょう。そうすることで「ケージの中は自分のスペースだ」と犬も認識し、落ち着くことが出来ます。

放し飼いになれている場合、最初は「かわいそう」と思う方も多いかもしれませんが、飼い主さんが外出してしまうと「仕方ない」と諦め、落ち着くスペースの中でのんびりとお昼寝する子が多いです。

お昼寝していれば、寂しさも感じることはありませんので安心ですよね!

※一部文言を修正させていただきました。

たくさん遊び疲れさせる

一緒に遊ぶ際、全力で楽しく愛犬と遊ぶことで、その後愛犬が遊び疲れて寝てしまうという対処法です。特に外出し家を出なければいけないときに、外出前に行うと効果的です。

こちらも先ほどご紹介したように、お昼寝することで寂しいという気持ちを紛らわすことができます。そのため、自然な方法で留守番中のお昼寝をさせるために、たくさん遊び疲れさせるという方法は効果的でもあり、愛犬の満足度も上げることができるのです。

これは留守番中だけではなく、飼い主さんが在宅中でも行える方法ですので、ぜひ一度実践してみてはいかがでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このように犬には寂しいときに飼い主に出すサインがいくつもあります。もしも寂しがっている行動をしている愛犬を見た場合は、今回ご紹介した対処法を少しずつ実践し、分離不安にならないようにしてあげましょう。