Wanna One、明日(3日)放送の「ハッピートゥゲザー」でメンバーそれぞれの魅力をアピール

写真拡大

“国民のアイドル”Wanna Oneが「ハッピートゥゲザー3」のチョドンアリクラブの新入会員の座を狙う。

韓国で3日に放送されるKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」には、国民のプロデューサーから選択されたアイドルグループWanna Oneが出演し、地上波バラエティ番組デビューを華やかに飾る。

最近行われた収録でWanna Oneの5人は、一つだけのチョドンアリクラブの新入会員の座を手にするためにトークから一発芸、コントまで持っているすべての才能を披露した。

カン・ダニエルは「『プロデュース101』シーズン2で、僕のインタビューが多く放送されるのを見てトークショーに出てみたいと思った。チョドンアリの兄さんたちに一手教えていただきたい」と野心を見せた。カン・ダニエルは「体で話す」を特技として上げ、仕草だけで人物を描写したり、四字熟語も完璧に表現した。

「愛嬌を担当している」と話したパク・ジフンは「女心を捕まえることができる」とし、チョドンアリクラブの弱点を攻略した。自身の流行語である「僕の心に保存」「ククカカ」などの愛嬌をチョドンアリクラブに合わせてアップグレードさせた。特にキム・スヨンとの「ダークサークルを僕の目に保存〜」という新しい流行語が誕生し、笑いを誘った。

「笑いやバラエティ番組に挑戦したい」と強調したオン・ソンウや「あまりにもよく喋って、帰宅すると顎が痛いくらい」というユン・ジソンもチョドンアリの好奇心をくすぐった。オン・ソンウとユン・ジソンのお喋り対決を余裕の表情で見ていたファン・ミンヒョンは「僕は兄さんたちが寝る前にポエムを朗読してあげます」と言い、差別化した戦略を掲げた。

同日の放送ではカン・ダニエル、パク・ジフン、オン・ソンウ、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョンだけでなく、Wanna Oneの完全体が飾った華やかなオープニングステージも用意されていると知られ、期待を倍増させた。

「ハッピートゥゲザー3」の制作陣は「チョドンアリのメンバーたちが、Wanna Oneのタレント性を絶賛した。デビュー27年目のベテランのお笑いタレントたちで構成されたチョドンアリが認めたWanna Oneの地上波バラエティ番組デビューに多くの期待と関心をお願いしたい」と伝えた。「ハッピートゥゲザー3」は韓国で3日午後11時10分に放送される。