どこでも満天の星空の下になる!ホームスターがVRに対応したぞ

写真拡大 (全6枚)

家庭専用本格プラネタリウム・HOMESTARから、新サービスの登場です。家庭用プラネタリウムって試してみたいけど、部屋が片付いていないから、うまく投影できなさそう……。

そんなふうに思っていた方に朗報です! プラネタリウムと仮想現実(VR)が合体。目の前に、満天の星空が出現します。

セガトイズが発売するミリオンセラー家庭専用本格プラネタリウム・HOMESTARから、360度に広がる満天の星世界に入り込めるGear VR向けアプリ「ホームスターVR」が誕生しました。

HOMESTARシリーズとは、2005年7月にプラネタリウム・クリエーターの大平貴之氏が監修し発売となった、世界初の光学式家庭用プラネタリウム。2008年には約12万個の星を投影出来るシリーズ最上位モデルが登場し、その後、オーロラが投影できるシリーズやキャラクターやアーティストとのコラボレーション、お風呂でも使用できるシリーズなど多くの話題商品が販売され、発売から10周年となった2015年には販売台数が100万台を突破しました。

HOMESTARシリーズの次なる進化は、新しい機器ではなく、VRアプリ。「ホームスターVR」は、NASAの天体データをもとに星の位置や距離、色までも忠実に再現され、思わず手を伸ばして星に触りたくなるほどの完成度を誇る世界観です。Gear VRを装着した途端、一気に360度の星世界に飛び込め、仮想現実に圧倒される体験を楽しめます。

「ホームスターVR」では、体験できる3つのモードがあります。

■世界の星空タイムトラベル

地球上の好きな場所、好きな日時を選べるため、自分の誕生日や、大切な記念日の星空を見られます。

■VR天体プラネタリウム

目の前にプラネタリウム空間が出現し、女性ナレーションによる星座や神話の解説を楽しめます。足元にまで星空が広がる全天球型プラネタリウムも選択可能です。

■満天の星空セレクション

風のせせらぎ、波の音、虫の声などの環境音をBGMに、マッターホルンやテカポ湖等の一生に一度は見てみたい世界で有名な星空スポットを巡れます。

価格はなんとも良心的な790円! 対応端末として、「Gear VR」が必要ですが、これは試してみる価値ありですね。いうなれば単なるアプリですが、これって"正しいVRの使い方"のひとつではないでしょうか?

>> セガトイズ

 

(文/&GP編集部)