男性は彼女が結婚したがっているのかな?と感じる瞬間があります。そうなると、ちょっとよそよそしくなったり、ドキマギしたりします。男性は基本的に鈍感ですが、結婚に関するあれこれについてはアンテナを立てているのです。 今回は、男性が「結婚意識してるのかな」と察知する瞬間をご紹介したいと思います。

文・白武ときお

【みんなの恋テク】

男性が「結婚意識してるのかな」と察知する瞬間

1.ママと遊んだ報告

「彼女がお母さんと遊んできたって言われると、ちょっとドキッとする。よろしくねって言ってたよって言われると、何をよろしくなんだろって」(26歳・保険)

彼女から自分の母親と遊んだという報告を受けると、ちょっと心がざわつきます。「あなたの話もしたよ」と言われたら、絶対結婚のこととか聞かれただろうと予想します。そして、「肩身の狭い思いをさせて申し訳ない」という気持ちを引き出そうとしているのかとすら疑ってしまう人もいるでしょう。

2.友だちの結婚生活話

「友だち夫婦の結婚生活の話は、されるとどんなリアクションしていいか戸惑う。子供ができたとか言われるのが、一番困るかなあ」(28歳・建築)

友だちの夫婦の話を楽しそうに話されても、男性としては気まずい気持ちが心のどこかにあります。友だちの結婚報告や、親戚の子供との楽しそうな写真を見せられると「意識してるんだろうな」と、男性もいろいろ考えるきっかけになります。

3.家の更新を相談

「家の更新の話は、一番ポイントだと思う。2年更新を促したら、これから2年は結婚しない感じの宣言に聞こえちゃうと思う」(27歳・飲食)

彼女が家の更新をどうしよう、一緒に住む? と聞かれた時は、プレッシャーが半端じゃありません。「更新しなよ」と言うってことは、2年くらいは結婚を考えていないように受け取られてしまうというのは男性もわかっています。男性が今後のプランをどう考えているのか、家の更新を機に聞くのはありです。

匂わせるより思いをぶつけたほうが得策

今の彼と付き合っていて、楽しいし仲良しだから、長続きしていくだろうけど、結婚する気は当分なさそう。しかし、自分の年齢も考えて、この彼と結婚しないとなるときつい。そういう場合は、思い切って彼に思いをぶつけてしまうのが得策です。彼に思い切らせるのか、断腸の思いでお別れするかしないと、婚期をどんどん逃してしまいます。ちょくちょく結婚を意識させながら、辛い結果になるかもしれませんが、ここぞというタイミングで今後のことをどう考えているのか聞いて見ましょう!

(C) panic_attack/Gettyimages(C) PeopleImages/Gettyimages