タレントの黒柳徹子が8月2日、若き日に米国・ニューヨークの5番街で披露したという、貴重な振袖姿をファンに向けて公開。その際に、思わぬ大物たちとの意外な交流についても明かし、ファンの間で話題となっている。

昨日、ニューヨークの写真に、たくさんの反響に驚きました。ありがとう💕 私も、あの写真は、大好き! ニューヨーク時代の写真で、もう1枚、私が、好きな写真があります。 NY5番街で、振袖姿で立ってる写真💕 これは、イースターパレードに参加した時のものです。 パレードに参加してたニューヨーク人たちみんなが、一緒に写真を撮りたいって、大変なことになったの。 翌日のニューヨークの新聞に、無名の私が、大きく掲載されてました(笑)。 この着物は、母が、東京のどこかの古着屋さんで見つけて、ニューヨークに旅立つ時に、私に、プレゼントしてくれた、結婚式用の振袖です。 私は、ニューヨークの大きなパーティにお呼ばれした時には、この一張羅で必ず出かけました。 「海外のパーティーには、絶対に着物!」が、いいです。 パーティー会場のみんなが、「綺麗ね!」って褒めてくれたり、話しかけてくれたり、お友達もたくさんできました。 アンディーウォホールさんや、イサム・ノグチさん、最も尊敬されている女優のリリアンギッシュさん(最後の映画は『8月の鯨』)などなど、たぶん着物のお陰でたくさんの方とお知り合いになりました。 そして、チャップリンがニューヨークに戻ってきた試写会の時も、この着物で行きました。 そのおかげで、特別に、私だけ、チャップリンさんと、お話ができました。 この話は長いから、また、今度ね。 今日は、明日からの「ステキ展」の準備をやっています。 ニューヨーク時代の写真のグッズも作ってもらっています。 カワイイくできています💕

A post shared by Tetsuko Kuroyanagi (@tetsukokuroyanagi) on

 これは同日、黒柳が自身の公式インスタグラムに投稿したもので、この中で彼女は、「昨日、ニューヨークの写真に、たくさんの反響に驚きました。ありがとう」と、前日に公開していた “若き日の秘蔵ショット” に多くの反響があったことを紹介しつつ、「ニューヨーク時代の写真で、もう1枚、私が、好きな写真があります。NY5番街で、振袖姿で立ってる写真」と、その写真と同じ時期に撮ったという、ニューヨークでの振袖ショットを公開。

 イースターパレードに参加した際のひとコマを撮ったものであるとのことだが、「パレードに参加してたニューヨーク人たちみんなが、一緒に写真を撮りたいって、大変なことになったの。翌日のニューヨークの新聞に、無名の私が、大きく掲載されてました(笑)。」と、海を渡ったアメリカで思わぬ“徹子旋風”を巻き起こしていたという、驚きの事実を告白。

 ネット上のファンからは「すーごい綺麗です!ここで着物でたってるお姿もイケてます!」「振り袖が躍動感があってとてもステキ」「とっても素敵です!徹子さんカッコイイ」「大柄のお振袖を美しく着こなしていてステキです」「憧れ!着物ってカッコいい!!」「徹子さん かっこよすぎます」といった称賛と羨望の声が集まるなど、大きな注目が集まることとなった。

 なお、この振袖は、日本を発つ際に、実母よりプレゼントされたものとのことだが、この振袖がキッカケとなる形で、「アンディーウォホールさんや、イサム・ノグチさん、最も尊敬されている女優のリリアンギッシュさん(最後の映画は『8月の鯨』)などなど、たぶん着物のお陰でたくさんの方とお知り合いになりました。そして、チャップリンがニューヨークに戻ってきた試写会の時も、この着物で行きました。そのおかげで、特別に、私だけ、チャップリンさんと、お話ができました。」と、歴史的に有名な人々との交流が実現するという、さらに驚きのエピソードも明かすこととなった黒柳。やはり彼女の大物ぶりは、日本を離れた異国の地でも、当時から遺憾なく発揮されていたようだ。