お笑いタレント・ビビる大木の妻で、タレントのAKINAが8月1日、20周年を迎えることとなった自身の芸能生活について振り返り、ファンの注目を集めている。

AKINA公式ブログよりスクリーンショット

 これは同日、AKINAが自身の公式ブログに投稿した 『20周年』 という記事のことで、この中で彼女は、「1997年8月1日にデビューしてから 20年が経ちました。」と、ちょうど同日でデビュー20周年を迎えたことについて報告すると、「デビューして初めて出た番組がポンキッキーズで、ランランさんの楽屋・BOSEさんの楽屋を出待ちしてたらスタッフさんに怒られたことや、鮫島巧さん&金子ノブアキさんの相部屋楽屋に勝手に入って彼らが来る前にお菓子を勝手に食べてスタッフさんに怒られたことや、ガチャピンがわたしの背中をさすってくれた事やムックと手遊びしたことや、昨日の事のように鮮明に思い出すのはやっぱり「ポンキッキーズ」のことでした。」と、まだ12歳だったデビュー直後に、初の出演番組となった『ポンキッキーズ』の撮影現場での思い出などを紹介。

 「仕事で実力不足で大変な事もありましたが、好きな事をガムシャラに出来てたこの20年間の景色は素晴らしかったです。」と、その充実した芸能生活をしみじみと噛み締めるように、振り返ることとなった。

 こうした節目の投稿を、「今日から21年へと続く七色のステップが響きわたりますように。そして、いつも応援してくださってるみなさま、本当にありがとうございます!!これからも一生懸命頑張ります。応援よろしくお願いいたします!!」という言葉で締めくくり、ファンへの感謝の気持ちと共に、さらなる熱意を覗かせることとなったAKINA。

 歌手やタレントとしてのみならず、ママとしても奮闘中の彼女が、今後どのような活躍ぶりを見せていくのか、我々もじっくりと見守りたいところだ。