元気な頃の船越英一郎

写真拡大

 生放送の帯番組『ごごナマ』(NHK)で司会を務める俳優・船越英一郎の異変に、視聴者から心配の声が相次いでいる。

 1日の『ごごナマ』の冒頭、いつものように「ようこそ我が家へ。大人の井戸端、ごごナマです」とあいさつした船越だが、声はガサガサ。具体的な原因は明かさなかったが、「すいません、ちょっと調子を悪くしてしまいまして、今日はお聞き苦しくお届けすることになり、すみません」と申し訳なさそうにしていた。

 さらに、翌2日の放送でも、時折、声を裏返しながら「すいません。今日もちょっとお聞き苦しい声で。申し訳ございません。すいません」と何度もカメラに向けて謝罪。ネット上では、「もう見てられない!」「弱りすぎだろ」「痩せたと思ったら、喉までやられてるのか」「ストレス性かな? かわいそう……」といった声が相次いでいる。

「妻・松居一代にダブル不倫を告発されて以降、見るからに激ヤセしてしまった船越ですが、加えて喉まで不調に見舞われてしまったよう。声を張るのが難しい様子で、いつもより抑え目の声量で進行。それでも約2時間半の放送で笑顔を崩さない船越に、視聴者も同情の念を抱いているようです」(芸能記者)

 そんな変わり果てた夫の様子を、松居はテレビ越しに見ていたようだ。松居は1日、九州の飲食店で焼きうどんを食べたことを報告。店のテレビに『ごごナマ』が映っていたといい、「ふっと、上を見たら…テレビがあって…さぁ…あらまあ……ビックリ仰天(笑)な、なんと戸籍上の、夫が生放送で映ってるよ あ…ぁ ビックリした もう過去形だね あたしは、わが道をいくぜ」と綴っている。

「1日以降、ボランティアのために豪雨の被害に遭った福岡県朝倉市に入る様子を逐一、ブログで報告している松居ですが、ネット上ではどっちらけムードが漂っている。松居はここ最近、息子への愛情を語る動画を公開したり、LINEやブログで『家族のみんなも、たくさんの愛を…本当に本当にありがとうございます』などと感謝の言葉を繰り返しており、イメージアップに必死。“厄介おばさん”のイメージが定着したことに焦っているようにも見えます」(同)

 みるみる弱っていく夫と、そんな夫を見ながら焼きうどんをすする妻。異様な夫婦関係は、一体いつまで続くのだろうか?