「NIKE(ナイキ)」がスケートボードシューズを展開しているのは承知のとおりですが、それらのシューズは「NIKE SB(ナイキSB)」というラインから販売されています。いまでこそ、メジャースポーツブランドがスケートボードを展開するのは当たり前となりましたが、その草分けこそナイキだったのです。そこで今回は、そんなナイキSBの代名詞「BLAZER SB(ブレーザーSB)」にアップデートを加えた一足をご紹介します。

 

それがこちらの「ZOOM BLAZER MID(ズーム ブレーザー MID)」。全体的なフォルムやシルエットはそのままに、キズや衝撃に対応するタフなテキスタイルをアッパーに使用したモデルです。スケートボード用に限らず、ファッションにも取り入れやすい洗練されたデザインで重宝すること間違いなしの1足といえますね。それでは、細部まで詳しく見て行きましょう!

 

機能性とスタイリッシュなデザインが融合!

同モデルは、キャンバスをベースにしたタフなテキスタイルとスエードのコンビネーションアッパーで構成。優れたサポート力と耐久性を発揮してくれます。

 

足に当たるシュータンを厚めにすることで、クッション性を向上。膝を曲げた状態で前屈みになる姿勢が多いスケートボードのライディングポーズを考慮してのアップデートです。

 

激しい動きで足があたりがちな履き口も、シュータンと同様に肉厚なクッションが採用されています。滑らかな当たりも考慮して、メッシュを採用しているのもポイントですね。

 

アウトソールには、ヘリンボーンパターンを施した耐久性の高いラバーを使用。スケートボードには必要不可欠な、優れたトラクションと接地感を発揮します。

 

そもそもブレーザーは、1972年に登場したバスケットボールシューズ。それをベースに現代的スタイルのアイテムへと進化させたのが今作で、もともとはシンプルなキャンバスのハイトップタイプのシューズでした。そこからレザーのミッドトップ、さらにカジュアルなロートップへと成熟していて、まさに年と共に進化するシューズといっていいでしょう。 “カッコイイけどスケーターじゃないと履けないの?”なんて心配は無用。気になった人はガンガン履いていきましょう!

 

ナイキSB ズーム ブレーザー MID 1万1880円

アイコニックなバスケットボールシューズをスケートボード用にアレンジした一足。軽量で衝撃吸収力と耐久性に優れたコンビ素材のアッパーを装備しています。