【ビデオ】マクラーレン「720S」とオートバイが接触事故で一悶着
自慢の愛車に乗って集まる"カーズ&コーヒー(Cars & Coffee)"と呼ばれるミーティングは、クルマ好きが共通の話題で盛り上がれる楽しいイベントだ。時には希少なスーパーカーやクラシックカーの姿を拝めたりもする。ところが自動車が集まると、それがイベントであれ毎日の通勤であれ、何らかの騒動が起きる可能性を秘めているわけで、米国フロリダ州パームビーチで行われたカーズ&コーヒーでは、それが起こってしまったようだ。今回ご紹介する動画は、イベントに集まったマクラーレン「720S」と1台のオートバイが接触した(とされる)事故が発生して間もない現場の様子を捉えている。
動画には、マクラーレンの横でバイクを起こしているライダーと、クルマの周りを歩きながら何やら叫んでいるもう1人のライダーが映っており、居合わせた人に警察を呼ぶよう指示している。カメラがクルマの前方に移ると、もう1台のバイクがマクラーレンの前で横転しているのが見え、ライダーがクルマの前に来て再び叫んでいる。マクラーレンのドライバー側のドアは開いたままになっていたが、程なくしてドライバーは現場からクルマで立ち去り、交差点で右折してしまう。その姿にライダーは「ナンバープレートは覚えた!」と怒鳴っている。

YouTubeに投稿されたこの動画の説明やRedditの投稿には、ここに至るまでのもう少し詳しい経緯が書かれている。それらをまとめると、2台のバイクがマクラーレンの前に強引に切り込んで来たので、ドライバーはライダーと話をしようとクルマを降りたのだが、パーキングブレーキを入れるのを忘れたため、クルマが前進してしまい、前のバイクに接触してしまった。これに怒ったライダーが、クルマを叩いたり蹴ったりしはじめ、ドライバーにも危害を加えようとしたので、ドライバーはクルマで現場を立ち去り、安全な場所から警察に通報したということらしい。

Redditの投稿者によると、ライダーが言うには、イベント会場を出たマクラーレンが彼らのバイクに接近したのが事の発端だとしている。この動画の状況に至るまでのことは我々にはわからないので、これらの解説や投稿の内容を確認することはできない。怪我人は出てないようだが、当人たちはもちろん、周囲に居合わせた人たちにとっても、せっかくの楽しいイベントが台無しになるような後味の悪い事故であったことは確かだ



By John Beltz Snyder
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

【ギャラリー】2017 McLaren 720S First Drive115


【ギャラリー】McLaren 720S42



■関連記事マクラーレンの新型スーパーカー「720S」が早くも日本上陸! 【ビデオ】カーミーティングの帰り道で起きたシボレー「カマロ」のクラッシュに「マスタング」ファンは思わず失笑【ビデオ】縦列駐車に失敗したメルセデス「380SL」がフェラーリ「458 スペチアーレ」に乗り上げる!