<バラクーダ選手権 事前情報◇29日◇モントリューゴルフ&カントリークラブ(7,472ヤード・パー72)>
米国男子ツアー「バラクーダ選手権」が現地時間の3日(木)から開催される。この大会は世界ゴルフ選手権「WGC-ブリヂストン招待」と同週に開催され、同大会に出場できない選手たちが出場。トッププレーヤーたちは不在、若手たちや復活を期す選手たちには名を挙げるチャンスとなっている。
宮里藍の父・優氏が救急搬送、容態が心配される
この大会はツアーで唯一“ステーブルフォード方式”で競われる。この方式はスコアごとにポイントが与えられ、アルバトロスが8点、イーグルが5点、バーディが2点、パーが0点、ボギーが-1点、ダブルボギー以下は-3点となっている。その合計で順位を競いあうのだが、その特性上攻撃的なプレーが求められる。
昨年はグレッグ・チャーマーズ(オーストラリア)が43ポイントで優勝。連覇を狙うチャーマーズはアーロン・バデリー(オーストラリア)、ハンター・メイハン(米国)と予選ラウンド同組に。初優勝が期待される新鋭、オリー・シュナイダージャン(米国)はスティーブ・ウィートクロフト(米国)、ザック・ブレア(米国)と。大ベテランのデービス・ラブIII(米国)はレティーフ・グーセン(南アフリカ)、スマイリー・カウフマン(米国)と予選ラウンドを戦う。
【主な組のスタート時間】※はINスタート、日本時間
23時11分:オリー・シュナイダージャン、スティーブ・ウィートクロフト、ザック・ブレア
23時55分:グレッグ・チャーマーズ、アーロン・バデリー、ハンター・メイハン※
04時44分:デービス・ラブIII、レティーフ・グーセン、スマイリー・カウフマン
<ゴルフ情報ALBA.Net>

松山英樹、世界ランクNo.1のジョンソン&全米覇者ケプカと同組に
「ホウキと石ころでゴルフを覚えた」J・ベガスのビッグな成長【舩越園子コラム】
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
ローリー・マキロイが長年の“相棒”とのコンビを解消
最新のギアニュース&試打レポートをまとめてチェック!