(左から)石井杏奈、芳根京子、寛一郎(C)モデルプレス

写真拡大

【中島健人/モデルプレス=8月2日】Sexy Zoneの中島健人が2日、都内で行われた主演映画『心が叫びたがってるんだ。』(通称:ここさけ)の公開記念舞台挨拶に、芳根京子、石井杏奈、寛一郎とともに出席した。

【さらに写真を見る】Sexy Zone中島健人、ソロコン終わりに“ここさけ”舞台挨拶 観客からのサプライズに感激「僕らの心も叫びたがってるんだ!」

この日、キャスト陣が客中扉から登場する際に、観客は内緒で事前に練習していた劇中オリジナル曲「心が叫びだす〜あなたの名前を呼ぶよ」(ベートーヴェンのピアノソナタ「悲愴」と、オズの魔法使いの劇中歌で有名な「Over the Rainbow」を組み合わせた合唱曲)を合唱をしながら迎え入れると、中島をはじめ4人は「すげ〜!」「ええ〜!?」と驚きを見せながら、客席を歩いてステージへ。

合唱が終わると、中島はすぐさま「え、ここライブ会場ですか?」と笑いを誘いつつ、「入っていきなりこんな素敵な歌に包まれたら幸せですよ!ありがとうございます」と歓喜。続けて「ビックリしましたけど、皆さんと歌えて嬉しかったです!」(芳根)、「嬉しいですね。すごく幸せです」(石井)、「ミュージカルシーンを撮った時のような感覚。思い出しました」(寛一郎)とそれぞれ感動をあらわに。中島は映画のタイトルにちなんで「今日という日でこの映画が完成したんじゃないかと思います。皆さんの素敵な歌声で、僕の心も、いや僕らの心も叫びたがってるんだ!」とメッセージを送り、歓声を浴びていた。

◆中島健人、“ラストここさけ”に寂しさ滲ませる


今作は「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命された本音を言わない少年・坂上拓実(中島)、おしゃべりが出来ない少女・成瀬順(芳根)、優等生の仁藤菜月(石井)、野球部の元エース田崎大樹(寛一郎)の4人がミュージカルに取り組み、それぞれの悩み、そしてほのかな恋心を、「歌」を通して解放していく青春共感ラブストーリー。

中島は同日、自身のソロコンサート「Summer Paradise 2017 Mission:K」の最終公演を終えてからの舞台挨拶という多忙なスケジュールだったが、“ここさけ”チームとともに行う舞台挨拶が「おそらく最後」とし、「なので寂しい。もう一度舞台挨拶をやりたいくらいです」と名残惜しさをにじませつつも、最後まで笑顔を見せ、ステージからはける際にはマイクを通さず「ありがとうございました!」と観客へ頭を下げ、感謝を伝えた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】