お美しい…(画像は黒柳徹子Instagramのスクリーンショット)

写真拡大

 黒柳徹子が1日、38歳の頃の自身の姿をおさめた写真をInstagramで公開し、大反響を呼んでいる。

 黒柳は「この写真は、私がニューヨークに、住んでた38歳の時のもの この頃は、こういうファッションが流行ってたんだけど、今、見るとかなりの露出ね!」と同写真をお披露目。写真では、異国のプリンセスのようなセパレートの洋服を身にまとい、キッチンに立つ黒柳がこちらを向いてほほ笑んでいる。

 この写真にファンからは「えええええええ!超絶かわいいですね!!」「38歳に見えないです!ほんとかわいいしスタイル抜群!」「美しすぎます!徹子さん今も昔も素敵です」と称賛コメントが続々。色は明るいものの髪型がすでに現在の黒柳のスタイルに近いことにも驚きの声が上がっている。

 30代半ばでニューヨークに行くことを決めたという黒柳。実家暮らしで家事をしたことがなく、「私、このままの状態で、芸能界の仕事をし続けたら、何んにも、知らない大人になっちゃうなぁ!」と考えていたそう。舞台の仕事が増え「やっぱり、本場、アメリカのブロードウェイで、演劇の勉強をしたい!」と思い切り、始めたニューヨークでの生活は「一人暮らしの、何もかもが、始めての経験で、毎日が楽しかった」と振り返っている。(山田貴子)