【詳細】他の写真はこちら

ニューヨーカーの♡をワシ掴みしたのは、なんと日本の〇〇〇〇でした!



世界の食のメッカ、ニューヨークでは日々新しい物が作り出されています。舌の肥えたニューヨーカーは美味しいだけでは物足りない!美味しい+神出鬼没なアイデアがあってこそ!ニューヨーカーのハートをゲットできます。そんなニューヨークで昨年オープン以来、行列が途絶えないアイスクリームショップがこれ、その名も「TAIYAKI NYC」。そうなんです、日本でお馴染のタイ焼きが、こんな形でニューヨークで大ヒット中なんです!

photo credit :@dianaeatsnyc

photo credit :@dianaeatsnyc

なんとタイ焼きがコーン代わりに。注文を受けてから焼くタイ焼きは温かく、上の冷たいソフトクリームとの対照がなんとも絶妙。もちろん、当然溶けやすいので写真を撮ったらすぐ食べましょう!とアドバイスをくれたのはフォロワー数約2万人のフードインスタグラマーのディアナさん(@dianaeatsnyc )。 ディアナさん曰く、ここのドドーンとタイ焼きが縁起よくトップに乗る抹茶ラテは、アイス以上におすすめだとか。 ニューヨークではここ最近、抹茶ラテは完全に市民権を得ているんですよ。TAIYAKI NYC119 Baxter Street, New York, NY 10013タイ焼きソフトクリーム7ドル〜タイ焼き付き抹茶ラテ 8ドル

日本で食べられる日がくるかも?ソフィスティケートなジェラート♡



やっぱり夏のアイスクリームの定番と言えばジェラート。2002年にパリで誕生したAmorinoはその洗練された盛りつけと、新鮮で安全な材料を使ったジェラートで、瞬く間に世界中のグルメな人々を魅了してきました。今ではニューヨークを始め、世界19カ国に支店を持つ大人気ジェラートショップに。

photo credit: @derekeats

photo credit: @amorinousa

味はもちろんのこと、薔薇の形をした盛りつけはなんともフォトジェニックでフードブロガーには最高の被写体。同じ薔薇の形でも、ジェラートのフレーバーが違えば、全く印象の違った美しい花のブーケになるから不思議です。この店を推してくれたフードインスタグラマー、デレックさん(@derekeats)も、あまりの美しさに思わず写真を撮りすぎてしまったとか。アジア各国にも進出中のAmorino。日本に上陸するのもそんな遠い未来ではないかも?Amorino60 University Place, New York, NY他3店舗バラ柄のジェラート10ドル〜

組み合わせは無限大!あなたのクリエイティブさが試される?



オープン以来話題に事欠かないのがIce&Vice。漫画の世界では観た事あっても、実際にこんなアイスクリーム見た事ある?!というユニークなアイスクリーム。シーズン毎に代わるフレーバーはソバやターメリックなどアイスクリームと結びつかない素材が使われているけれど、味はどのフレーバーも絶妙な甘さと旨味が引き出されてるとニューヨーカーの太鼓判付き。

photo credit: @mikejchau

photo credit: @mikejchau

常時3種類以上置かれているコーンとクッキーサンドやチーズケーキ、フォーチュンクッキーなど奇想天外なトッピングとユニークなアイスクリームの組み合わせの可能性は無限大。ぜひとも臆せずクリエイティブに自分オリジナルのアイスクリームを作りたいところ。 フォロワー数7万越えの人気フードインスタグラマーのマイケルさん(@mikejchau)によると、友達何人かで行って可能な限り高く高くアイスを積み上げて皆でシェアしながら食べると最高に楽しいんだとか。食べたあとは「しばらくアイスクリームはいいかな」と思うようですが数日後には、もうここのアイスクリームが恋しくなってしまう中毒性があるので要注意とのこと。マイケルさんも子どもと月に何度も通ってしまうのだそう。グルメなマイケルさんの子連れ食べ歩きインスタグラムはフォロワー数21万人の大人気インスタグラム。子どもの食べ物を前にしたリアクションがなんとも可愛いんです!→@foodbabynyIce&Vice221 East Broadway, New York, NY 10002レギュラー(4.5ドル〜 )*コーンやトッピング、アイスの個数など組み合わせにより価格は大幅に変わります



photo credit: @foodbabyny

どうやらユニークでボリューム満点なアイスクリームが今年のお薦めのよう。食べた分だけエクセサイズすればいい!というのがニューヨーク流。ニューヨーカーは食べ物に非常に貪欲です。