韓国発の「電球ソーダ」がかわいすぎると話題。それって何?

写真拡大

 今、韓国発のかわいい飲み物「電球ソーダ」が話題です。電球をボトルにしたアイデアドリンクで、電球の中に色とりどりのソーダが入っています。

別名「ピカピカソーダ」といわれ、光るミニ電球がついていたり、ボトルの底にLEDライトがついているものも。ピカピカ光る様は、なんて幻想的! ストローがハートや星形、リボンがついているものもあって、インスタ映えもバッチリです。

最近では、「恋愛成就」といった札が貼ってあるもの、かき氷が入ったもの、炭酸が苦手な人のために中身がミルクティーやマンゴージュースなどのものもあるようです。

お祭りなどでも売られていて、金魚すくいで使うようなビニール袋に電球ソーダを入れてくれるところもあり、夏らしいということだけでなく、持ちやすいと評判なんだとか。

昼間に鮮やかな色の飲み物が入った電球ソーダを持ち歩くのもよいですが、夜にピカピカ光る電球ソーダを持っていると、涼やかで夏の夜にはぴったりですよ。

また、サンリオの異色キャラとして人気の「ぐでたま」ともコラボしており、大阪の「ぐでたまカフェ」では期間限定の「ピカピカまぶし〜ぐでんきゅうソーダ」が発売されているそうです。

電球ソーダのボトルは、中の飲み物を入れ替えて持ち歩くことも。そのうえ、家で花瓶にしたり、アロマディフューザーにしたり、星の砂や貝、アクリルビーズなどを入れて部屋に飾るのもオススメですよ。