71歳のパク・マクレさんは、医者からアルツハイマー病になるリスクがあると診断されたそう。それを知った孫のキムさん、彼女をオーストラリア旅行へと連れていき、生まれてはじめてのダイビングも手配。挑戦の様子をYouTubeに投稿したところ、国内で大きな反響を呼びました。

その後も、病気の予防として世界を回ることに決めた二人。Instagramでは、10万以上のフォロワーが、その様子を見守っています。

世界中をパワフルに駆け巡る!

病気の可能性について知らされたとき、キムさんは「とてもショックだった」と言います。その後、仕事を辞めて彼女の旅を全面的にバックアップ。いまや二人の旅は、あのサムスンやロッテもサポートするほどの注目度まで上昇しているとのこと。「歩ける限りおばあちゃんとの旅は続けていきたい」と、今後にも意欲的な姿勢をキムさんは見せています。

じつはパクさん、借金をつくった旦那さんに逃げられ、女手一つで3人の子を養うなど、苦難の人生を歩んできたそう。だからこそ、今が最高に楽しいのでしょうか。「AP通信」に「人生は71歳から始まるのよ」と語っています。

Reference:AP通信
Licensed material used with permission by @korea_grandma