世界2位ハレプが疲労骨折から復帰のスティーブンスを倒して2回戦へ [シティ・オープン]

写真拡大

 アメリカ・ワシントンDCで開催されている「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/7月31日〜8月6日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス1回戦で、第1シードシモナ・ハレプ(ルーマニア)が2015年優勝者のスローン・スティーブンス(アメリカ)を7-6(3) 6-0で退けた。ハレプは2回戦でマリアナ・デュケ マリノ(コロンビア)と対戦する。

 スティーブンスは左足の疲労骨折のために、ほぼ一年プレーの休止を強いられたあと、この日、今季2度目の試合をプレーした。

 全仏で決勝、ウィンブルドンで準々決勝に進出したハレプは、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)の背後で、現在世界ランキング2位につけている。

 また、第7シードのエカテリーナ・マカロワ(ロシア)は、7-6(4) 6-3でジェイミー・ローブ(アメリカ)を下し、モニカ・プイグ(プエルトリコ)はルイーザ・チリコ(アメリカ)を6-4 6-4で退けた。雨のせいで、女子のナイトマッチは水曜日に順延となった。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「シティ・オープン」1回戦に勝利した第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)(写真◎Getty Images)
Photo: WASHINGTON, DC - AUGUST 1: Simona Halep chases down a forehand in the second set of her match against Sloane Stephens at the Citi Open August 01, 2017 in Washington, DC. The No. 1 seed Halep (Romania) beat Stephens (USA) 7-6, 6-0. (Photo by Katherine Frey/The Washington Post via Getty Images)