Photo by cinemacafe.net

写真拡大

2018年2月16日全米公開予定の映画『Black Panther』(原題)と、2018年配信予定のドラマ「ルーク・ケイジ」のシーズン2には共通のキャラクター・ティルダ・ジョンソンが登場するという。
マーベルコミックスのキャラクターのティルダは、悪役であり、「ナイトシェイド」とも呼ばれている。『Black Panther』では歌手で女優のナビヤ・ビーがティルダを演じることを自身が6月にSNSで発表。しかし、発表時期をフライングしてしまったようで、投稿は削除されている。

そして先月、マーベルから「ルーク・ケイジ」のシーズン2で「ローズウッド〜マイアミ私立検視ラボ」のガブリエル・デニスがティルダ役を演じることが伝えられた。

「Digital Spy」によると、マーベルの映画とドラマで同じキャラクターを違う俳優が演じるのはこれが初めてだとのこと。逆に1人の俳優が映画とドラマで違うキャラクターを演じたことはあり、アルフレ・ウッダードが『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で国務省勤務の女性ミリアム、「ルーク・ケイジ」で政治家のマライア・ディラードを演じている。

(Hiromi Kaku)

■関連記事:
新『スパイダーマン』を託された新鋭監督も初来日決定!トムホとジャパンプレミア登壇
【香港ディズニー】マーベルヒーロー大集合!夏期限定「ミッション:ディメンション・オブ・デンジャー」体験レポ
藤原啓治、アイアンマンで復帰「嬉しいに決まってるよ!」新スパイダーマンは榎木淳弥が続投
「かわいすぎる!」ベビー・グルートの初映像も『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
【D23】カンバーバッチも登場!マーベル・スタジオ10周年を飾る『アベンジャーズ』最新作がお祭り状態