あの辛口司会者も…石原真理子「万引き」に「昔の石原」懐古症候群が蔓延!

写真拡大

 女優の石原真理子がスーパーで弁当を万引きして任意の事情聴取を受けたことが報じられた。“プッツン女優”という異名もあって、若い世代には、世間を騒がせた言動がクローズアップされたイメージが形成されているかもしれないが、主に40代以上と思われる視聴者からは残念がる声がネット上に書き込まれているという。

「今の40代から50代にとって、石原は清純派の人気女優のイメージが強く残っています。多くの女優と共演してきた俳優の坂上忍も7月27日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で『いまだに3本の指に入るくらいきれいという印象』と語っていました。ネットでも『キレイだし、もったいない』『独特の雰囲気と話し方が魅力的だった』など、過去の印象を懐かしがり、今回の報道を深く悲しむ声が見受けられます」(週刊誌記者)

 石原といえば、田園調布で生まれ育ち、初等科から聖心女子学院という生粋のお嬢様。それなのに、現在はよりによって「万引き」で大騒ぎ。身近な人からのサポートや、公的な生活支援が受けられればいいのだが。

(伊藤その子)