ブロードウェイの出演者にケーキと花束をプレゼントされ笑顔を見せる米倉涼子(左から3人目)=都内

写真拡大

 女優の米倉涼子が2日、東京・東急シアターオーブで、ブロードウェーミュージカル「CHICAGO」(13日千秋楽)の日本公演初日前に会見を行い、1日に迎えた42歳の誕生日をサプライズで祝福された。

 会見を終えると、誕生日ケーキが運ばれ共演者がバースデーソングを歌い上げた。赤いバラを受け取り、42歳をどんな年にしたいか問われた米倉は「とりあえず、これ(日本公演)を終わらせます。終わったら、とりあえず飲む!」と笑顔。千秋楽後の祝杯を何よりの楽しみにしていた。

 今回は、7月4日にニューヨーク・アンバサダー劇場で、日本人女優史上初となる主演作のブロードウェー再演を果たしてからの日本がい旋公演となる。初日に顔合わせとなった外国人キャストもいるだけに、「初対面なのですよ。ドキドキしながら。ロキシー役は楽しいです。とにかく頑張ります」と気合。英語(日本後字幕)で挑む舞台への意気込みを語っていた。