ネグレド、ベジクタシュ移籍が目前に…昨季はプレミアで9ゴール

写真拡大

 バレンシアに所属する元スペイン代表FWアルバロ・ネグレドはベジクタシュへの移籍に近づいているようだ。スペイン紙『マルカ』が8月1日に報じている。

 同紙によると、火曜日にバレンシアとネグレドの代理人の間に会談がもたれ、ベジクタシュからのオファーについて話し合ったという。クラブは選手の移籍に前向きで、両者は大筋で合意に至っているようだ。また同紙は水曜日中にも公式発表されるだろうとの見解を示している。

 現在31歳のネグレドは2013−14シーズン、マンチェスター・Cで公式戦23ゴールを挙げる活躍を見せていた。その後バレンシアに移籍したが、目立った活躍はできず、咋シーズンはバレンシアからミドルスブラにレンタル移籍をして2年ぶりにプレミアリーグ復帰。リーグ戦36試合に出場し9ゴールをマークしていた。