質問全部スルーから一夜明け、対応に若干の“改善”がみられた橋本健・神戸市議=神戸市内

写真拡大

 今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑に揺れる神戸市議の橋本健氏(37)が2日、神戸市内でデイリースポーツなどの直撃取材に対し、同日発売の「週刊新潮」が報じている、最初の不倫報道があった前日の7月26日に橋本氏が妻側に離婚届を持参して判を押すよう働きかけたとの報道に、首を振り「ないです」などと訴えた。ただ、橋本氏の態度からは、完全に報道を否定しているとは言いがたく、真相は不透明なままだ。

 この日午後、神戸市内で直撃取材の質問を受けながら、車に乗り込んだ橋本氏。車の窓を開けることはなく「市議として答えるべき」「奥様に謝罪などはあったんですか」との問いは無視。ただ、質問の声は聞こえていたようで、「週刊新潮」の報道に対する質問には反応した。

 -奥様のご実家に『離婚届に判を押してほしい』と押しかけたという報道は。

 (首を横に振り、口パクで『ないです』)

 -それはないですか。

 (首を縦に振り、うなずく)

 -週刊誌に出てる報道ってのは、誤ってる部分が多いと?

 (うなずき、口元は『ちょっと』と動いている様子で、指先で“少し違う”のジェスチャー)

 -(奥さんの)ご両親に離婚届を持っていったという報道ですが?

 (『持っていってないです』という口元。首を横に振る)

 -違いますか

 (うなずく)

 -弁護士に対してお持ちになられたというのは事実ですか

 (首を振り、『違います』の口元)

 そのまま笑顔を残し、車は走り去った。

 なお車に乗り込む直前、橋本氏は「改めて会見を開くご予定は」との問いかけには「それは今、考えております」と答えた。また「今井議員と連絡は」との質問には小さな声で「いえ」と返し、首を横に振った。