カカが元同僚ネイマール、C・ロナウドにエール 移籍騒動を受け「どこへ行っても…」

写真拡大

古巣レアルとの試合前日会見で語り、言葉を選び気遣う様子を見せる

 今年のシーズンオフは近年でも稀に見るほど大物選手の話題がメディアを賑わせている。

 バルセロナのブラジル代表FWネイマールはパリ・サンジェルマン(PSG)移籍が確実とも言われ、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは脱税疑惑をかけられたことに端を発し、スペインから出たがっていると報じられた。

 この両選手とそれぞれ代表とクラブチームでチームメートだったオークランド・シティSCの元ブラジル代表MFカカが、騒動について言及している。スペイン紙「マルカ」が報じた。

 カカは現地時間2日に、MLSオールスターチームの一員として古巣レアルとのプレシーズンマッチに参戦する。その試合の前日記者会見に出席した。

「クリスティアーノとネイマールに関する憶測についてだけど、僕が言えるのはできれば彼らにとって最高の決断をして、どこへ言っても幸せになってほしいということだけだよ」

 元バロンドール受賞者のカカは同胞ネイマール、レアルでの元同僚ロナウドへエールを送った。ともにサッカー界のトップスターで、世間の注目度も桁違いなだけに、言葉を選んで気遣う様子を見せている。

 レアルとの対戦については「特別なこと。マドリードと対戦するのは初めてのこと。素晴らしい」と語り、古巣との再会を待ち望んでいる。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images