ダレノガレ明美 <撮影 竹内みちまろ>

写真拡大

 モデルのダレノガレ明美が一部週刊誌の報道について自身のTwitterでコメントしている。

 1日に発売された雑誌『週刊女性』によると、ダレノガレは全部屋200平方メートル越えで家賃130万〜170万円の都内有数の高級マンションに住んでおり、さらに「彼女の住んでいるマンションがやたら豪華なのも、社長の寵愛を一身に受けているからこそ」とのことで、その家賃は事務所の社長が払っているという。

 ダレノガレはこの報道に2日、「間違ってるとこが2つあったら言うね!」と前置きした上で「一つは私の部屋は200平米ないです!(たぶん今空いている部屋が200平米の部屋だから書いたのかな?)」とつづり、続けて「もう一つは事務所や社長から家賃は払ってもらってないです! しっかり自分のお給料から支払いをしています!」と否定した。週刊誌の発売日にもダレノガレは「今の家の家賃自分で払ってるのになー 男に媚びて生きていかないから大丈夫 自分の欲しい物は頑張って働いて自分で買うし、住みたい家があれば同じくそこを目標にして頑張る 楽して物を得ようとは思わないから!!」とつぶやいていた。

 一方で「社長からは本当に愛されてます!」ともツイートし、「社長だけでなく事務所のスタッフさんみんなに! いつも優しくて愛がある事務所のみんなに本当に感謝の気持ちでいっぱいです」と感謝をコメント。先月は事務所のスタッフやタレントらから誕生日を祝ってもらったと明かし、「リベラ大好き」と所属事務所LIBERAへの思いをつづった。