【凍らすだけ】すぐに試せるフローズンヨーグルトの作り方

写真拡大

暑い日に食べるアイスはひんやりとしておいしいものですが、人によっては「ちょっと甘すぎる…」と、感じているのではないでしょうか? アイスよりももう少しサッパリ食べられるものといえば、フローズンヨーグルト。作り方は驚くほど簡単です。

小分けのヨーグルトに棒をさして凍らせるだけ

現在、ネット上でもちらほらと見かける機会が増えているのが、「フローズンヨーグルトバー(またはヨーグルトアイスバー)」と呼ばれるもの。Twitter上でも、「さっぱりしてておいしい」などの投稿がされています。作り方はとても簡単で、4つほどに小分けにされたヨーグルトの蓋を外さずに、割り箸などの棒をさして冷凍庫で凍らせたら完成。市販品のヨーグルトなら、イチゴやブルーベリー、無糖・加糖など、いろんな味を選べるので、お好みの味で試してみるとよさそうですね。

自分好みの食感のフローズンヨーグルトを作るなら

前述のフローズンヨーグルトバーは、ヨーグルト部分をカチカチに凍らせたもの。もっと柔らかい状態がお好みであれば、ひと手間加えることで作ることができます。

【材料】

・無糖ヨーグルト…250g

・牛乳…50cc

・砂糖…30g程度

【作り方】

1)冷凍保存できる保存容器に、ヨーグルトと砂糖を入れてよく混ぜ合わせる

2)1に牛乳を加えてさらに混ぜ合わせる

3)容器に蓋をして冷凍庫に入れる

4)30分経ったら3を冷凍庫から取り出し、中身を混ぜて冷凍庫へ戻す

5)4の工程を繰り返し、お好みの固さになったら完成

【ポイント】

砂糖の代わりにはちみつを使ってもOK。もし、自宅にミキサーがあるようであれば、バナナや桃、マンゴー、ブルーベリーなどのフルーツと一緒にミキサーにかければ、また違った味わいのフローズンヨーグルトを作ることができます。ちなみに、容器に関しては、ジッパー付きのポリ袋でも大丈夫です。ポリ袋であれば、開封する手間もなく、袋の上から揉めばいいだけなので楽ちん。

さっぱりひんやりしたものを食べたいときにピッタリのフローズンヨーグルト。まだ作ったことがない人は、試してみてはいかがですか?

(文・山手チカコ/考務店)