リードは犬の命を守るもの

毎日の散歩で使うリード。犬が勝手にどこかへ行ってしまったり、周りの迷惑にならないようにコントロールするためのものです。
そしてもうひとつ、犬の命を守るものでもあります。
動いているものを追いかけたりした場合に急に道路に飛び出したりすることがないとは言い切れません。
そんな時、リードをしていなかったらどうなるか……。考えただけでも怖くなりますね。
リードは他人を守り、愛犬を守る大切なアイテムなのです。
そんなリードの種類や選び方を見ていきましょう!

犬のリードは主に4種類

リードには主に4つの種類があります。
それぞれ使用目的や特徴が異なるので、どういった場面で使うのかを考えながら選ぶと良いですね。

スタンダードリード

一方が丸いループ状の持ちてがあり、もう一方に首輪やハーネスに取り付けるための金具がついている一般的なリードです。
素材の種類も多いため、選べる幅が広いのが特徴です。
耐久性があるのはナイロン製のもので、通常の長さは120cmから150cmとなっています。
飼い主さんが使いやすいようにいろいろと工夫されているものが多いということもあり、最も多く使われているのではないかと思います。

フレキシブルリード(伸縮性リード)

伸び縮みするもので手元で長さをコントロールすることができます。
公園や広場などの広い場所で犬を遊ばせる際にも使えます。
しかし慣れていないとリードを伸ばしすぎて犬が他の犬や人に迷惑をかけたり、事故にあってしまう可能性もあるので通常の散歩にはあまり向かないでしょう。
ワイヤー状になっているので少し見えにくいため、夜に使用するのはあまりおすすめしません。
使用を禁止している自治体もあるので、住んでいる地域のことを調べた上で使用するようにしてください。

トレーニングリード

ロングリードとも呼ばれます。スタンダードリードをそのまま長くしたようなもので、一般的には5〜10m程度ですが、長いものでは20mというものもあります。
フレキシブルリードと同じように広い場所で使うのが一般的で、普段の散歩にはあまりオススメできません。
リードが長いので少し遠い所から呼ぶ「おいで」の練習をすることもできます。

マルチファンクションリード

複数の機能や種類を追加したリードで、マルチに利用することができます。
長さを調節したり、タスキのようにして肩からかけたり、一時的にどこかへ犬を繋いでおくことも簡単にできるようになっています。

犬のリードの選び方

どのリードを使えばいいの?

紹介した4種類のリードはそれぞれ使用目的が違うので、何に使うのか決めてからリードを選んだほうが良いでしょう。
普段の散歩に使うなら丈夫で長すぎないものを、公園や広場などの広い場所で遊ばせるなら軽くて長いものを、など状況に合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか。
リードは長く使っていると切れやすくなるので定期的にチェック、交換を行って下さい。1年に1回買い換えても良いかもしれません。

犬のサイズ別、リードの選び方

【小型犬】
軽い素材のものが犬の負担にもならないのでおすすめです。
あちこち動き回るような活発な犬であれば、滑りにくいものを使用するほうが良いでしょう。

【中型・大型犬】
小型犬に比べて力が強いので、飼い主さんがコントロールしやすいもので滑りにくくある程度太さのあるリードを選びましょう。
革製のものだと丈夫で良いのですが、劣化には注意が必要です。
飼い主さんの手の中にある程度まとめられるぐらいの太さと長さのあるリードをおすすめします。

こんな時はどうするの?

リードを噛む場合

リードを噛むのは「興奮している」「ストレスを感じてる」などの場合です。
散歩に行く嬉しさで興奮状態になっている場合は一度落ち着かせるか、叱るなどをして噛まないようにしつけましょう。
ストレスを感じているようであれば声をかけてやったり、撫でたりして犬がリラックスできるようにしてあげてください。
それでも噛むのをやめないのであれば、吹きかけるタイプの噛みつき防止剤を使用してみてください。
噛むと苦味を感じることで、徐々に噛むことをやめるようになっていきます。

リードを嫌がる場合

リードを嫌がる場合は慣れさせなくてはいけません。
無理やりリードをつけるのではなく、まずはリードに慣れさせてみましょう。
リードの匂いを嗅がせたり、舐めさせたりして害のないものだと確認させてあげても良いかもしれません。
リードに触れたらおやつをあげるようにすると段々リードに慣れていきます。
そういったことを繰り返して嫌がらなくなったら散歩に連れて行ってみましょう。

犬のリードまとめ

リードは毎日の散歩で使う必需品ですね。
基本的に丈夫に作られていますが、使っているうちに切れやすくなることもあります。
散歩に行く前にリードの状態をチェックしましょう。
ハーネスや首輪も一緒にチェックすると良いですね。
愛犬にぴったりのリードを選んで散歩を楽しみましょう!