1日、米CNBCテレビ(電子版)は、安倍晋三首相をめぐる政治スキャンダルが深刻化しており、今後経済政策「アベノミクス」への疑問の声が拡大し、「日本が世界3位の経済大国から転落する恐れがある」と予測した。写真は東京。

写真拡大

2017年8月1日、米CNBCテレビ(電子版)は、安倍晋三首相をめぐる政治スキャンダルが深刻化しており、今後経済政策「アベノミクス」への疑問の声が拡大し、「日本が世界3位の経済大国から転落する恐れがある」と予測した。環球時報(電子版)が伝えた。

安倍首相は体制の長期的な改革より、目先のイメージに気を取られている。世界3位の経済大国の指導者として、安倍首相は深刻な政治不信への対応に追われているが、目玉であるアベノミクスへの疑問は広がるばかりだ。

英調査会社のキャピタル・エコノミクスはこのほど発表した最新の報告書で「安倍首相は現在、次の総選挙を前に辞任するか否かの瀬戸際に立たされている。辞任のいかんにかかわらず、投資家にとって最大の問題は、アベノミクスも安倍首相もろとも命が尽きるかどうかだ」と分析している。(翻訳・編集/大宮)