興味深いオファー届かないアルダ・トゥラン

写真拡大

アルダ・トゥランの状況は、FCバルセロナを不安にさせ始めている。このトルコ人は、数週間前からバルサの構想外であることを知っているが、全くチームを去るつもりはないようだ。

【関連記事:アルダ古巣 主将の復帰望む】

夏の始まりに、彼の代理人であるアフメト・ブルトは、移籍先を見つけるためにマーケットを調査したが、今のところ、興味深い移籍先は見つかりそうにない状況だ。この代理人は最近の調査でイタリアに行き、返答を待っている。

この展望で、アルダはバルサに1月まで助けを求めている。冬のマーケットは、中国がオペレーションに着手することや、お金の持った先進国たちにとって、より適している。そこにアルダはとても大きな魅力を持っている。このトルコ人は、彼の選択を迫りたいようで、彼の母国に戻るつもりはないようだ。

そこでのオファーがないことはないが、クラブは譲渡の形だけを取ろうとしている可能性があり、バルサにとっては大きな損害になるため、受け入れないだろう。

彼の値段を2,000万-2,500万ユーロ(約26億円-32億6,000万円)に値下げする準備はできているが、ヨーロッパでのビッグプロジェクトは、彼を求めていない。1月までこの状況が続く可能性があり、中盤の選手たちはオーバーブッキングのままになるかもしれない。