SEVENTEEN ドギョム&ヤン・ダイル、コラボ曲発売記念の生配信で甘い歌声を披露“胸キュン”(動画あり)

写真拡大

SEVENTEENのドギョムがヤン・ダイルと共にNAVERのライブ映像配信アプリ「V」を通じて、ファンとコミュニケーションする時間を設けた。

昨日(1日)、ドギョムはBRANDNEW MUSIC所属のアーティスト、ヤン・ダイルとのデュエット曲の公開を控え「ヤン・ダイル×ドギョム Special V LIVE」を行い、ファンから反響を呼んだ。

この日の「V」は、9日に発売される予定であるドギョムとヤン・ダイルのデュエット曲「一編の君」のスペシャルクリップ撮影現場で行われた。ドギョムとヤン・ダイルは「V」の開始と同時に、9日に発売されるプロジェクト曲について言及し、ファンの関心を集めた。特にヤン・ダイルの「She didn't Love Me」のカバー映像をSNSにアップロードするなど、普段からヤン・ダイルのファンであることを明かしてきたドギョムは「ヤン・ダイル先輩は僕がとても好きなアーティストだ。デュエット曲を発売することになり、非常に光栄だ」とプロジェクトの参加について喜びを隠せなかった。

そしてヤン・ダイルは、9日に発売を控えた新曲「一編の君」について、恋人と別れた後も忘れられずにいる状態を、一編の映画に喩えた楽曲だと紹介し、新曲への期待を高めた。そしてドギョムとヤン・ダイルはその場で歌を歌い、ファンに癒しの時間を届けた。ドギョムは、普段から好きだったヤン・ダイルの「Don't Leave」を歌い、夏の夜に切ない音色で、ファンの心に響く音楽を届けた。それだけでなく、最後の挨拶をする前、ドギョムとヤン・ダイルはデュエット曲「一編の君」を短く歌い、甘いボイスのデュエットを予告した。

ドギョムとヤン・ダイルのデュエット曲「一編の君」は、9日に発売される予定だ。