ブラックにイエローラインのディアドラのスパイクは、ロベルト・バッジョのトレードマークでもあった。

写真拡大 (全4枚)

 ディアドラがこの度、ロベルト・バッジョと再びタッグを組みシグネチャーモデルを発売した。

 その第一弾として、1994年のアメリカ・ワールドカップで着用していたスパイクの「MATCH WINNER(マッチウィナー)」が復刻された。

 20年以上の時を経て再登場した90年代のベストセラーモデル「MATCH WINNER」は、当時と同じく“Made in Italy”で、その仕上がりは、ディアドラの自社工場で一足一足作られた同社が誇る“クラフトマンシップ”を体現している。
 アッパーには上質で足なじみのよいカンガルーレザーを使用し、ヒール部分には当時のバッジョの背番号の「10」と、サインが刺繍されいる。

 そして、この名作の復刻を記念して、8月5日からキャンペーンを実施。ご購入者に先着でロベルト・バッジョの直筆サイン入りオリジナルポストカードがプレゼントされる。

 「MATCH WINNER RB ITALY OG MDPU」の主な取扱い店は以下のとおり。
 サッカーショップ KAMO、SWS、KISHISPO、ユニオンスポーツ、フタバスポーツ(取扱い店舗は各店にお問い合わせください)
ディアドラ公式オンラインストアはこちら