[ロンドン 1日 ロイター] - 英ウェールズのカーディフ市で7月29日、司祭服姿でパブを訪れた7人のカトリック司祭が、仮装したスタッグパーティーの集団と間違えられ、入店を拒否される出来事があった。

カーディフ教区のブログによると、7人は同僚の叙階を祝うためこのパブを訪れたが、バーテンダーに仮装集団の入店は断っていると告げられた。

だが7人が店を去ろうとしたとき、別の店員が本物と気づき、店内に呼び戻して無料でお詫びの飲み物を振る舞ったという。

ブログは、当初司祭らはバーテンダーが冗談を言っていると思ったと説明し「公正な対応と親切な振る舞い」に謝意を表した。

スタッグパーティーは、結婚を控えた男性が同性の友人と羽目を外すパーティーで、英国ではしばしば仮装や大量の飲酒を伴う。パブのアシスタントマネジャーはBBCに対し、仮装したパーティー集団が問題を起こすことが多かったため、そうした人たちの入店を断る方針を取っていると述べた。