7月30日から8月1日にかけて中国人民解放軍建軍90周年記念活動が行われた。野戦軍事パレードと人民大会堂における習近平の講演から、中国の軍事的即戦力と軍民融合に関する戦略と野望を読み解く。

建軍後初めて行われた建軍記念日における軍事パレード

――習近平政権になってからの軍事パレードに関する「3つの初めて」

2015年9月3日、中国は建国後初めて、建国記念日・国慶節(10月1日)以外の記念日に軍事パレードを行なった。すなわち抗日戦争勝利記念日である9月3日に軍事パレードを行なったのは、建国後初めてのことである。

これは習近平政権になってから最初の「軍事パレードに関する初めて」だった。

しかし、この軍事パレードは「国慶節軍事パレード」同様、天安門広場で行なわれた。

このたび、中国人民解放軍の建軍記念日である8月1日(実際は2日前の7月30日)に軍事パレードを行なったのは、建軍後も、建国後も、やはり初めてのことで、これは習近平政権になってから2つ目の「軍事パレードに関する初めて」となった。

おまけに軍事パレードは天安門広場でなく、内モンゴルの軍事訓練基地という、「式典」とはほど遠い戦場現場を再現したような訓練場で行なわれた。場所と時間が発表されたのは、軍事パレード開催の、わずか14時間前のことだ。これもまた「戦場現場の即戦性」を象徴している印象を与えた。

実は7月30日(午前9時16分)にアップしたコラム「稲田防衛大臣辞任、中国でトップニュース扱い――建軍90周年記念を前に」を書いている最中に、具体的な場所と日時が発表され、筆者は慌ててその情報を加筆した。ついでながら、このコラムは30日の黎明に、新しいニュースを受けながら書いた。

具体的な場所は「朱日和」というアジア最大の軍事演習基地。内モンゴル自治区錫林郭勒盟スニタ右旗の南部にあり、「zhu-ri-he」と発音し、蒙古語で「心臓」という意味だ。1957年に毛沢東が戦車の秘密軍事訓練基地として選んだ場所である。

このように、天安門広場以外の場所で軍事パレードが開催されたということが、習近平政権の3つ目の「軍事パレードに関する初めて」だ。

なぜ軍事訓練基地を選んだのか

ではなぜ軍事パレードを行なう場所が北京の天安門広場でなく、朱日和軍事訓練基地だったのか。それは野戦区における「即戦力」と軍事大改革の成果を顕示するためである。

2016年1月2日のコラム「中国、軍の大規模改革――即戦力向上と効率化」に書いたように、 習近平は2015年12月31日、中央軍事委員会主席として、中国建国後初めての大規模な軍事改革を行なった。

遠藤誉(東京福祉大学国際交流センター長)