Photo by cinemacafe.net

写真拡大

トム・クルーズを主演に迎え、『ミイラ再生』を現代に新しく生まれ変わらせた、「ダーク・ユニバース」の第1弾『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。7月28日(金)より公開中の本作から、ソフィア・ブテラ演じる王女アマネットのモンスターになる様子を捉えた本編抜粋映像がシネマカフェに到着した。
灼熱の太陽が降り注ぐ現代の中東で、米軍関係者のニック(トム・クルーズ)と考古学者のジェニー(アナベル・ウォーリス)は謎の地下空洞に隠された巨大な棺を発見。調査のため棺を輸送するが、想定外の事態により飛行機は墜落。即死であったはずのニックが次に目を覚ますと、無傷で遺体安置所に横たえられていた。混乱するニックはジェニーを連れ、棺の行方を捜すためにその場を後にする。ニックが目を覚ましたその頃、飛行機が墜落したロンドン郊外では、かつてファラオから裏切られ、復讐のために邪悪なモンスターと化し、棺に封印されていた古代エジプト王女アマネット(ソフィア・ブテラ)が現代に蘇り、5,000年の時を経て人類への復讐をはじめようとしていた――。

『魔人ドラキュラ』(1931)、『フランケンシュタイン』(1931)など、その歴史のはじまりから今日まで世界中の人々を魅了し続けてきたユニバーサル・スタジオのモンスター映画を、次世代向けにリメイク・シリーズ化する「ダーク・ユニバース」シリーズ。第1弾となる本作では、“ミイラ”というキャラクターの原型である作品『ミイラ再生』を現代に生まれ変わらせた。

古代エジプト、強く美しい王女アマネットは、ファラオから認められ次期女王の座が約束されていたが、ファラオに息子が産まれ、その約束が裏切らてしまう…。今回到着した映像では、そのことに絶望したアマネットが、“死者の書”に記された魔術を使い、死の神であるセトと契約を交わす。赤い宝石がはめ込まれた短刀を手渡されると、アマネットは苦しみ、その体にはヒエログリフが刻まれ、顔を上げたアマネットの瞳孔は4つに分かれ、邪悪なモンスターとして生まれ変わる様子が映し出されている。そんな悲しい出来事により、恐ろしい力を手にしてしまう様は、まるで『アナと雪の女王』のエルサのようにも思える。



5,000年の時を経て、憎悪にまみれたアマネットが現代に蘇り、全ての人間たちへの想像を絶する復讐を描く本作とあって、恐ろしい映画にする必要があったと語るものの、観客がモンスターの中に残る人間らしさに気づき、共感を覚えるようにしたかったと語ったのは、アレックス・カーツマン監督。また、ユニバーサル作品のモンスター映画のファンであったという監督は「モンスター映画で重要なのは、彼らに対して恐怖を感じるのと同時に、愛情も抱くことなんだ」とそのこだわりを明かしている。

このアマネット役は、『キングスマン』での義足の殺し屋ガゼルを観て、監督の熱烈なラブコールにより決定したというソフィア。なんとトムよりも先に出演が決まっていたそうで、ソフィアは劇中で元ダンサーならではの身体能力を生かしてキレのあるアクションを披露するだけでなく、観る者に恐怖を与えさせると共に、モンスターの中に残る人間らしさを見事に表現し、初の女性ミイラを熱演している。

ソフィアはアマネットについて「アマネットを邪悪で憎むべき存在として描くのはすごく簡単なこと。でもアレックスは決して彼女をただのモンスターとして描かなかったし、そこが気に入っている」と言い、続けて「厳密にはモンスターだけど、彼女の心理的な部分を描いて、なぜ彼女が生き残るためにあんなことをしたのかを理解することが重要だった。皆も彼女に同情するわ。私にとって、アマネットはモンスターではなく、サバイバーなの」と力説。一方、トムも「ソフィアはミイラ役として最適のキャスティングだ。彼女はエキゾチックな魅力とパワーをミイラにもたらしている。ソフィアのパフォーマンスは圧倒的だ」と絶賛しており、ますます本作を観る上で彼女の演技に注目せざるを得ない。

『アナと雪の女王』では凍っていた心が溶け、エルサは無事また新たな人生の一歩を踏み出す“ハッピーエンド”で締めくくらているが、本作ではアマネットはどんな結末を迎えるのだろうか?

『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』は全国にて公開中。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
ザ・マミー/呪われた砂漠の王女 2017年7月28日より全国にて公開
(C) Universal Pictures

■関連記事:
【インタビュー】ソフィア・ブテラ、モンスターは「女性のほうが荒々しい」 王女ミイラとトム・クルーズを語る
【特別映像】トム・クルーズもタジタジ!? 美しく逞しい2人の女性キャラに注目『ザ・マミー』
涼しくなるホラー映画が続々公開!『バイバイマン』『ザ・マミー』ほか
【予告編】あのトム・クルーズが吹っ飛ばされる!? 『ザ・マミー』
『ラ・ラ・ランド』アカデミー賞受賞の作曲家、超意外な歌声披露