1日、HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜21時〜)が放送された。この番組は、ゆがんだ恋愛観を持つサイテー男たちから極悪非道なエピソードを聞き出し、女子がサイテー男に引っかからないための「ゲス恋から学ぶ恋の教科書」がテーマ。番組序盤では、サイテーゲストのパンサー・尾形貴弘が「サイテー恋愛武勇伝」として、美人局(つつもたせ)に遭った際のエピソードを披露した。

 尾形は「前に付き合っていた同棲中の彼女が実家に帰った隙に、クラブで知り合った子を家に連れ込んだ」と告白。そこでやるべきことをやり女の子と眠っていたところ、なんと家の中に「エド・ハーディー」の服のような雰囲気の、ピアスだらけの男が侵入。寝ている尾形の耳元で「おい、起きろや、おい」とドスをきかせてきたという。

 女性は全裸で正座しており、状況は一目瞭然。尾形は「やってないです、やってないです」と弁明したが、女性から「やったじゃん!」というツッコミを入れられて万事休すとなった。

 覚悟を決めた尾形は「自分もケンカが弱いわけじゃないので、一発かましてやろう」と立ち上がったそう。すると、なんと相手が強面でありながら、身長が尾形の胸元程度しかないことが判明。強気になった尾形は“ちびっ子エド・ハーディー”を返り討ちにしたとのことだ。

 話を聞き終えた小杉は「この話に出てくる奴、全員サイテーやな」と大笑い。指原も「本当に全員サイテーですね」と同意していた。

(c)AbemaTV