1日、HKT48の指原莉乃と、ブラックマヨネーズの小杉竜一、吉田敬がAbemaTV(アベマTV)でMCを務める『指原莉乃&ブラマヨの恋するサイテー男総選挙』(毎週火曜21時〜)が放送され、ケンドーコバヤシが浮気を疑われた際の「一番いいと思う」言い訳を実演した。

 相手役を務めたのは、セクシー女優のきみと歩実。ケンコバはまず「ああ、しんど」「おっぱい触っていい?」と、きみとの胸元をまさぐるしぐさで登場。きみとが「それより、浮気したでしょ」「人から聞いた」と拒否すると、ケンコバは「内容は聞いてないでしょ?」と問いかけ、「今から包み隠さず言う。確かに俺はあの子と寝た」と、あっさり浮気を認める発言。しかしその後、「でも俺、あの子とは『立ちバック』しかしてない」と言葉を続けると、ブラマヨの2人は爆笑。指原は「サイテー!」と言い放った。

 ケンコバは「俺は歩実にしか正常位でしないと決めている。正直、他の女の子ともした。でも全部、立ちバックや」と説明。きみとが「私には立ちバックしてくれないよ」と言うと、「俺は君と見つめ合いながらしたいから」ときみとに迫り、あわやキス寸前のムードに。なんと“仲直り”してしまった。

 指原は「えー、なんで!?」と納得いかない様子で絶叫。吉田からも「なんでトロンと来んねん歩実ちゃん!」とツッコミが入った。

 ケンコバは「それほど女性にとって正常位というのは大事」と力説。きみとに「正常位大事だよね?」と問いかけ、きみとも「正常位が一番好き」と答えた。ケンコバはきみとの肩を抱きながら、キスしようとしたり胸元をツンツンしたりやりたい放題。小杉はキレ気味に「(胸を)ダブルクリックすな!」とケンコバの暴走を止めに入り、指原も「戻ってください」「ダメです!」と静止する羽目に。

 指原は「全然参考にならない」とあきれ気味。ケンコバは「まだこの言い訳は使ったことないけど、将来結婚して、浮気が発覚したら記者会見で言おうと思っている」とのことだ。

(c)AbemaTV