質問全部スルーから一夜明け、対応に若干の“改善”がみられた橋本健・神戸市議=神戸市内

写真拡大

 今井絵理子参院議員(33)との不倫疑惑に揺れる神戸市議の橋本健氏(37)が2日、神戸市内でデイリースポーツなどの直撃取材に応じた。この日発売の週刊誌が、橋本氏が疑惑報道前日に妻側に離婚届に判を押すよう迫ったと報じているが、橋本氏は首を横に振り「ないです」と車越しに訴えた。

 この日発売の週刊新潮では、不倫疑惑報道前日の7月26日に、橋本氏が妻の弁護士に“離婚届に判を押してほしい”と迫り、断られると、妻の両親のもとに赴き、離婚届を出したと報じられている。

 この日午前、院長を務める歯科クリニックに出勤した橋本氏は、午後0時半ごろ医院を出た。待ち構えた報道陣に対し、質問には答えず、「またお話しさせていただきますので。お疲れさまでございます」と笑顔を作ってみせたが、そのまま車に乗り込んだ。

 車の窓ガラスは閉めたままだったが、もれ聞こえる記者の質問には“口パク”状態で返答。「奥様のご実家に“離婚届に判を押してほしい”と押しかけたという報道は」という問いかけに、首を横に振り、『ないです』。再度、「ご両親に離婚届を持っていったという報道は」の問いに『持っていってないです』と口を動かし、首を横に振った。

 さらに「(奥さんの)弁護士に対して(離婚届を)お持ちになられたというのは事実ですか」と確認されると、再び首を振り、『違います』と口を動かしていた。

 橋本氏は7月27日に開いた釈明会見で、ここ数年は婚姻関係が破綻していたと説明したことに対し、妻側がテレビの取材に対し異議を唱えるなど、“略奪不倫”疑惑はくすぶったままとなっている。