加藤鷹氏

写真拡大

 AV業界で初めて「潮吹き」というジャンルを確立し、それまでメディアの脚光を浴びることがなかったAV男優をメジャーな存在に押し上げた元AV男優・加藤鷹。

 ゴッドフィンガーの持ち主として26年半に渡ってAVに出演、総出演本数は1万5千本を超える彼は間違いなく日本一の知名度を誇るAV男優だった。だが、2013年に惜しまれながら現役を引退。それから4年の月日が流れた現在――。

 彼はいま、日本のみならず中国・台湾にも活動拠点を広げ、現地で絶大な人気を集めていた。なぜ、加藤鷹は中国市場でウケているのか。そこには中国の情報規制と、性産業事情の文脈がもたらした、彼にオファーしたくなる土壌が整っていた。

 彼の「潮吹き」しか知らない多くの日本人のイメージを覆す、現在の加藤鷹の活動に迫る。

◆「空港に着いたら、サイン色紙持って出待ちされる」

――AV業界では、現役を引退した後は監督やプロダクションを経営する人も多いそうですが、引退後の鷹さんの身の振り方はまったく異なると聞きました。いま、台湾や中国で活動をされているそうですね。

鷹:俺がやめると言ったら本当にキレイさっぱりやめるってことだからね。今まで、復帰は一度も考えなかったし、今後もないよ。今は台湾や中国での広告の仕事のオファーが多くなってる。自分でもその影響力の強さには驚いています。台湾桃園国際空港に着いたら、カメラがズラッと並んで、サイン色紙持って出待ちされるからね。

※ ※ ※

 特に広告オファーが殺到しているのが、精力増強剤などのサプリメント類。中国・台湾は人口13億人超の市場規模の大きさゆえ、日本人でありながらも、知名度が高い彼の影響力を頼るクライアントが絶えないそうだ。中国や台湾では性ビジネスの広告塔となる”カリスマAV男優”と言えるような存在がゼロなことも大きいようだ。

◆中国でのSNSの影響力は日本の約100倍

――ハリウッドスターが来たようなノリですね。

鷹:本当にそれ。特に台湾の熱はちょっと比べ物にならないです。台湾って、中国と違ってTwitterもFacebookもできるので、俺がTwitterで「明日から台湾です」って書き込むと、すぐ台湾のエンタメ専門チャンネルで紹介されるらしいんだよ。

 中国版Twitterとして有名な微博(ウェイボー)も最近始めたんだけど、微博で公式アカウント持っている人は一般のタレントよりAV業界のほうが多いんじゃないかな。日本のTwitterは大人全員が見てもせいぜい1億人だけど、中国は規模が全然違って、及びもつかない分母があるから、ないがしろにできるもんじゃない。

※ ※ ※

 その市場規模の違いは、彼のSNSのフォロワー数を調べれば一目瞭然だ。2017年7月31日現在の加藤鷹のTwitterのフォロワー数は2736人に対し、微博のフォロワー数は22万4938人。100倍近い差がついている。たとえ日本人と言えども、中国で一度ブレイクすれば、日本とはケタ違いな市場を掴むことができる。つい最近も、中国のSNSで絶大な影響力を持つインフルエンサー女性のジャン・ダーイーさんが、一年で50億円稼いでいることが話題になったばかりだ。

――現地でのご自身の人気ぶりにはいつごろ気づきましたか?

鷹:この6、7年って感じかな。日本で男優をしていた頃から「香港で鷹さんのことを知らない人はおじいちゃんおばあちゃんくらいで、みんな知っていますよ」と話には聞かされていたけど、実際に行くまでは全然実感なかった。

 でも、現地に行ってみたらヨボヨボのタクシーのおじいちゃんにまで「お前、加藤鷹か!?」って言われて。向こうではメシ食いにいっただけでも50人くらいに声かけられて、全員と写真撮らないと帰れないこととか日常茶飯事。中国語では“加藤鷹”のことを「ジャダイン」って呼ぶんですけど、「ジャダイン!ジャダイン!」って指さされる(笑)

◆変わる中国のAV事情

――中国では日本のAVはなかなかアクセスできないと思うのですが、若い女性から声をかけられることもあるんですか?

鷹:男女問わずだね。日本だと女性がAV見てたら引いちゃう男も多いだろうけど、あっちではあんまりない。それに、昔とはAVの流通も変わって、たとえば、香港では20年前だとコピーされた海賊版AVが屋台で売られていたけど、今はみんな日本のアダルト動画サイトにアクセスして見てる。

 台湾は香港と同じようにアダルトサイトは見れるみたいだし、中国は検閲があるので日本のアダルトサイトは見られないんだけど、若者が検閲を飛び越えて見られるようなプログラムを作ったりして、老若男女問わず見てる。中国の場合、そういう渇望感が、より日本のAV女優や男優を神格化する原因なのかもしれない。

――知名度が高いということは、AV業界に対する偏見が少ないのでしょうか

鷹:日本だと、テレビ業界とAV業界で、同じ有名人でも大きな垣根があるけど、中国って同じネットから日本の情報を仕入れているから、そのへんの垣根はないんだよね。

 それどころか、台湾はブロガーの情報発信力がすごいから、ブロガーが紹介した日本人AV女優があっちでいきなり大人気になったりするケースは少なくない。たとえば、“台湾の有名女優に似ている”とブロガーが紹介したことが理由で、ある日本のAV女優が急にブレイクするパターンは多いね。

◆「日本では女性向けの仕事が多いのが現役の男優との違いかな(笑)」

――中国、台湾での活動に対して、日本ではどんな活動を?

鷹:女性向けのセミナーの仕事が多いですね。“いくつになっても美しい女性を目指す”といった主旨のコミュニティって実は全国各地にあって、そういう場でセミナーの講師をさせていただいてます。男の知らないところで、そういう場所に女性がたくさん集まっている。

 俺の実感では、40代以上になると、女性の方がSEXへの関心が高くなっている。あとは、女性誌で性に関するテーマの取材も多いですね。他にも、ススキノの風俗情報メディアの風俗体験取材はもう10年くらい続けているし、婚活支援関連の仕事もあったり。俺の場合、日本では女性向けの仕事が多いのが現役の男優との違いかな(笑)

――男性にはあまり知られていない女性たちの「性の悩み」がありそうです

鷹:女子高生が読む雑誌から50代のおばさんが読むような女性誌まで取材のオファーはあるけど、世代が違っても悩みは一緒。ようはイケるか、イケないか。

 誌面で17歳の女子高生から「彼氏と3回ヤってもイケないです」とか相談されるけど、答えは決まってる。「そんな簡単に結論出すなよ。おれは何万回やってきたけど、まだ絶対にイカせる方法なんてわかんないぞ!」って(笑)

◆加藤鷹が教える「男の人が傷つかないでSEXを断る方法」

――熟年女性の性の悩みはどのようなものがありますか。

鷹:「男の人が傷つかないでSEXを断る方法を教えてください」という質問は多い。もし、これからも一緒にうまくやっていきたい夫が相手なら、SEXを断る理由なんて話さないで、さっさと股開いて3分で終わるなら、SEXしちゃえばいいと答えている。

 だって、男からしたら、回りくどくSEXできない理由を一時間述べられてSEXできないのも、すぐに「今日はヤラない!」の一言で断られるのも「ヤレなかった」って結論で一緒だから。

 おそらく、女からのこの質問の背景には「自分が今夜SEXしたくないことを男に納得させるセリフ(理由)がどこかに存在している」という女の幻想があるんだよ。でもね、そんなのないから。

――一方、男性からは「イカせ方」に関する質問が多そうです。

鷹:男からよく聞かれる。でも、“女のイカせ方”も、実際は試行錯誤の繰り返し。「すぐにイカせるテク」なんて存在しないんだよ。

 今後は、そういうSEXに対する誤解を俺は変えていきたい。1万人以上の女性とSEXしてきて俺が会得したものを、日本だけでなく中国や台湾でも伝えて、きちんと性教育していきたい。だって、恋愛観やセックスの本質は国とか時代でそんな変わるもんじゃないから。

<取材・文/伊藤綾 撮影/長谷英史>

■加藤鷹(かとうたか)
1959年秋田県生まれ。2013年に26年半続けたAV男優を引退。これまで出演したAVは1万5千本を超える。現在はセミナー活動やタレント活動、著述活動を行う。
公式Twitter @katohtakashoten
公式Facebook https://www.facebook.com/taka.kato.750?fref=ts