外銀マンを見下す20歳“港区女子”が、自分に絶望している理由

写真拡大

 ライター、合コンコンサルタントとして活躍中のマドカ・ジャスミンさん。そんな彼女が、夜な夜な東京で目撃した男女の人間模様をドキュメンタリー形式で綴ります。

 第3回目は、前回、外資系銀行マンとの合コンで手痛い失敗をした、20歳の女子大生アイちゃん(仮名)のお話の続き。六本木のとあるホテルのラウンジで、一緒に合コンに行ったユリカちゃんと、あの日の出来事について語っているところからスタートします。

◆完璧に美しいユリカ、20歳

「まあでもほら、次もガイギンと合コン組めるんだからオッケーってことで」

 そう言って、愉快そうにフフッっとユリカは笑った。丁寧にネイルを施された爪が目立つ指は、白くか細い。私は思わず強い口調で切り返した。

「でもさ! ガンガンに酔わせてほぼ記憶もない状況でホテル、しかもラブホだなんて有り得なくない?!」

「若い男の人の狭くて片づけられてないおうちなんて論外だし、逆に高いホテルだったら今頃、“記憶がおぼろげな時に連れてくな! もったいない! ってアイは叫んでるところね」

 自分でもその様子は思い浮かべることができた。コトンと丁寧にカップを置いたユリカは、「どれにしようかなぁ」と宝石のようなお菓子たちの前で指をくるくると動かす。

 ふんわりと巻かれた深い栗色の髪、白い肌、元々整っている顔にはいやらしくない化粧が施され、花柄のワンピースはどこかの雑誌で取り上げられていたものに見えた。横に置いてある鞄と、足元を彩る靴はInstagramでよく見るハイブランド。そう、ユリカは完璧だ。頭から足の先まで完璧なのだ。

「その通りです……」

「ね、やっぱりそうでしょ」

 口に運んだチョコレートの半分を口にし、ユリカはニコっと笑った。このいたずらっ子のような笑顔で何人の男を落としてきたのか。男女共々から蝶よ花よと崇められている子が、どうして私みたいな平凡な“ショシンシャ”と仲良くしてくれるのだろうか。

◆10歳近く上の外銀マンを「まあ、若い男って感じ」

「んで、あの中の一人と帰ったユリカはどーだったのよ」

「まあ、若い男って感じ」

「以上かな」と、彼女は口角をほんのちょっと、本当にちょっと上げた。その瞬間、相手のガイギンに同情せざるを得なかった。

 きっとユリカはもうその男の顔や名前、パーソナルデータはおろか、連絡先も全削除しているだろう。

「あの日限り……?」

「ううん、あの日は送ってもらって後日、ご飯行ったよ」

「どこだったの?」

「ヒルズのリゴレット」

 その男にさらに同情した。きっと彼からしたら、【六本木・雰囲気いい・カッチリしすぎてない・おしゃれ・手頃・メニューが豊富・相手が20歳】などさまざまな要素を考慮してリゴレットにしたんだと思う。

 けれど、ユリカが相手ではバッドチョイス以外の何ものでもなかった。

「なんで初デートであんなにうるさいところへ連れてくんだろうね。六本木で待ち合わせして、タクシーに乗らずヒルズに向かったと思ったら案の定でした」

 今度は赤紫のマカロンを半分口にし、こう続けた。

「若い人に期待した私も悪かったし、これもまた“シャカイベンキョー”」

 若いといっても、あの男はユリカより10歳近く年上で、しかも世間的に見れば、誰もが羨むスペックの持ち主だ。きっと結婚適齢期の女からしたら、喉から手が出るほどほしい人材だろう。そんなダイヤモンドですら、彼女にとっては河川敷の石ころ、いや、砂利以下の存在でしかない。

「しかもね、金曜日なのに予約してなかったの。ほんとね、“ガクセー”相手に見栄張って遊びたいなら、ちゃんと見栄張ってほしいよね」

 ほんの一瞬、人を殺せそうなぐらい冷たくなった彼女の目を私は見逃さなかった。すぐにいつものニコニコとした顔に戻り、新作コスメがどーのこーのと、話し始める。