オ・ヨンソ、CELLTRIONエンターテインメントと専属契約を締結…イ・ボムスと同じ所属事務所に

写真拡大

俳優オ・ヨンソがCELLTRIONエンターテインメントと専属契約を締結した。

本日(2日)、CELLTRIONエンターテインメントは「多数の作品を通じて強固な演技力とスター性を立証されたオ・ヨンソと、専属契約を締結した。自社とオ・ヨンソは、互いのビジョンを共有し、より大きな未来に進む良いパートナーとして共にすることとなった。俳優オ・ヨンソの為に積極的にコミュニケーションし、多方面での演技活動を営めるように全面的な支援を惜しまない」と明らかにした。

CELLTRIONエンターテインメントは、CELLTRIONの最大株主であるCELLTRIONホールディングディングスの子会社として、3月にマネジメント社Thespisエンターテインメントと、ドラマ製作会社DREAM e&mが合併して社名を変更し、総合エンターテインメント社として公式的に船出した。資金力と創業者の経営能力、業界のノウハウを兼ね備えたCELLTRIONエンターテインメントは、映画・ドラマ・マネジメントなど多様なコンテンツ配給網を構築して、グローバル企業としての跳躍を加速化している。

今年下半期の期待作に選ばれる「マンホール」「ただ愛する仲」など、韓国国内ドラマ製作はもちろん、ハリウッドパートナー社とのグローバルドラマ製作も企画している。映画パートもやはり、100億台歴史劇「オム・ボクトン(仮題)」を始め、映画産業に本格進出を宣言し業界の注目を一身に浴びている。

オ・ヨンソは、毎作品ごとに良い成績を収めて興行保証小切手として位置づけ、旬の女優に君臨している。「棚ぼたのあなた」「オ・ジャリョンが行く」で発揮したピチピチ弾けるイメージと、新人らしからぬ演技力で2012年KBS、MBCで演技大賞新人賞を受賞し、女優としての地位を固めた。以後「私はチャンボリ!」「輝くか狂うか」「帰ってきて、おじさん」「猟奇的な彼女」など時代劇、現代物、ファンタジー物などジャンルを問わない優れたキャラクター消化力で、韓国の各種演技授賞式でトロフィーをさらい、女優としての価値を証明した。

オ・ヨンソは明るく元気な新女性のイメージで、広告界のラブコールも着実に受けている。また、映画「女子高怪談5」「国家対表!?2」「チーズ・イン・ザ・トラップ」など、スクリーンに進出して女優としてのスペクトラム(分布範囲) を広めている。