JUNIEL、新曲「Last Carnival」サムネイルイメージを公開…デートDVを連想させるイラストに“関心集中”

写真拡大

カムバックを控えた歌手JUNIELが新しいコンセプトを予告した。

所属事務所C9エンターテインメントは昨日(1日)、公式SNSを通じて8日に発売予定のJUNIELの新デジタルシングル「Last Carnival」サムネイルイメージを公開した。

イラストで作られたサムネイルイメージの中には、全身がバラの入れ墨と傷跡でいっぱいの、ある女性キャラクターの姿が込められた。目の部分には「Last Carnival」という文章が赤で挿入されている。

特にキャラクターの髪の毛は、あちこちに血がついたように赤く染まっていて、両目の下には涙と血の涙が同時に流れており、イメージの中のキャラクターがデート暴力の被害者を形象化したことを推察させる。

JUNIELは、今回のサムネイルイメージを100%本人が手で描いて誕生させただけでなく、新曲「Last Carnival」の作詞、作曲を引き受けて進めるなど、アルバム全般のプロデューシングに参加した。

最近個人SNSを通じて、社会的問題として台頭している“デート暴力”関連の掲示物を相次いで掲載し注目を集めたJUNIELは、多くの人々にデート暴力の危険性を知らせて警戒心を持つようにと、これを主題にした新曲を発表すると予告した。

所属事務所は「昨年発表したデジタルシングル『魚座』以後、1年ぶりにカムバックするJUNIELが、ファンにより一層発展した姿を見せようと新しくコンセプト変化を試みた」として「より一層成熟して完成度の高まったJUNIELの新曲に、大きな関心と期待をお願いする」と伝えた。

JUNIELの新デジタルシングル「Last Carnival」は8日午後6時、韓国の各種オンライン音源サイトを通じて公開される。