カンニング竹山

写真拡大

2日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、カンニング竹山が、今井絵理子参議院議員と不倫疑惑の渦中にある橋本健神戸市議の恋の行方を推測した。

番組では、今井議員と橋本市議の不倫疑惑を取り上げ、同日に橋本市議本人に直撃した模様を放送した。

同日発売の「週刊新潮」は、橋本市議の妻の知人インタビューを掲載した。知人によると、不倫疑惑の第一報が同誌に掲載され、橋本市議が釈明会見を開いた前日のこと。橋本市議は突然、妻との面会を希望し、代わりに来た弁護士に離婚届に判を押すように直訴。さらに、妻の実家にも行き、両親にも同様の要求を迫ったという。

番組取材班は、車に乗り込んだ橋本市議に直撃。閉められた窓ガラス越しに、橋本市議は弁護士に離婚届を持っていたこと、妻の実家に押しかけたことなどを、首を横に振るなどして否定した。

報じられている橋本市議の言動について、スタジオではMCの高橋克実が「ものすごく一直線で、割とピュアで突き進んでいるような、自信がある感じがします」とコメント。

竹山も「もうこの恋は止まんない」と指摘。「擁護しているワケじゃない」としつつ、「男は、このスイッチ入ったら止まらない。質悪い」「止まるとしたら今井議員が(橋本市議を)嫌になっちゃうパターン」だと語った。竹山は、女性の側が嫌になって男性がフラれるというパターンを、友人も含めて多数見てきたとか。

男性陣の言い分に安藤優子は驚きの声を上げ、ほかの女性陣も「全然、理解できない」と困惑の表情を浮かべていた。

【関連記事】
橋本健市議の行動に呆れる声続出 小木博明は「浅はかすぎる」と批判
今井絵理子議員のバスローブ写真に小木博明が「恥じらい」を指摘
今井絵理子参院議員の不倫報道に第2弾か 芸能リポーターの証言にスタジオ騒然